コラム

おばあちゃん、今までありがとうございました。

おはようございます。

自給自足シンガーソングライターの小濱達郎です。

今朝も、また冷え込みましたね。

この数日、僕のおばあちゃんのお葬式に行っていました。

おばあちゃん、今までありがとうございました。

94歳の大往生。

たくさん可愛がってもらったこと。

今でも、聞こえてくるおばあちゃんの声。

小学生の頃、おばあちゃん家で過ごした夏休みの記憶。

 

今の僕がいるのは、

両親をはじめ、祖父母、ご先祖様が

命を繋いでくれたからです。

 

ただ手を合わせて、感謝の心を。

 

人は誰しも必ず死ぬということ

死ぬということは、決して悪いこと、汚れたことではないし、
隠すことでもない、タブーではないと思っています。

僕は、うちの家族全員で、
お葬式に参列しました。

うちの子どもたちは、
何を感じたのだろうか。

子どもの頃に、親族の死を目の当たりにし、
残された人の悲しむ姿を見て何を感じるか。

お葬式に、幼い子どもたちの姿があることは、
本来自然なことだし、とても大切なことだと思っています。

死ぬということから、目を背けてはいけない

命が大切。

それは当たり前です。

死にたくない。

その感情も、自然なものだと思います。

 

どう生きるかが肝心です。

死なないことが、最優先なのか?ということです。

僕は違うと思っています。

自分の意志で、自由に生き、命を炎を燃やしたい。

 

おばあちゃんの愛情を胸にしっかりと刻みながら、

これからも自分の人生を満喫していきたいと思います。

あばあちゃん、本当にありがとうございました。

安らかに眠ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

-コラム
-

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.