狩猟

一日に鹿が二頭かかっていた時、どうすればいいのか?

  1. HOME >
  2. 食の自給 >
  3. 狩猟 >

一日に鹿が二頭かかっていた時、どうすればいいのか?

こんばんは。

自給自足シンガーソングライターの小濱達郎です。

最近、僕が投稿で、色々と誤った情報を
書いてしまったりしていたのですが、
ありがたいことにコメントでご指摘してくださる方が
おられて、感謝感謝です。

さて、いよいよ年の瀬ですね。

まだまだ発展途上まっさかりの
本ブログではありますが、
読んでくださった皆様、
本当にありがとうございました。

これからも、自給自足シンガーソングライターとして、
日々の暮らしでの氣づきや、ノウハウなどを
発信していきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

実は、

昨日、朝早めに罠の見回りにいったところ、
半分くらい回った時に、
鹿がかかっているのを見つけました。

すぐに、その場で取り込もうかと思ったのですが、
残り半分の罠を見ていなかったので、
先に、他の罠を見て回ることにしました。

すると・・・最後に見た罠にm

なんと!

その日、二頭目の鹿がかかっていました。

今期、8頭目と9頭目でした。

一日に、複数の獲物がかかっていた場合、どうすればいいのでしょうか?

 

何とかやりきるしかありません。

 

  • なるべく早く止め刺しをしたい
  • 止め刺し後は、すぐに内臓処理をしたい
  • 内臓処理後の鹿をどこで、どのように保存するか

などの、懸念事項が浮かんできます。

去年は、

生け捕りにしていました。

一頭を生け捕りにしておいて、

その間にもう一頭をやるという感じです。

しかしながら、
生け捕りにして、転がしておいた場合、
どうも肉が傷みやすいようだったことと、
生け捕りにするのも危ないし手間なので、
もう今はやっていません。

 

今回僕がとった判断は、

  1. 最初の一頭、止め刺し~内臓摘出~浸水
  2. その後、二頭目へ
  3. 川へは運ばず、自宅前の畑の横での作業
  4. 使っていなかった五右衛門風呂の桶に水をためて浸水

でした。

くくり罠にかかった鹿

 

しかしながら、五右衛門風呂の桶は一つしかなく、
2頭目はお米の保存缶に水をためて代用しました。

がしかし、穴が空いていて、水がもれました・・・

軒先での解体には、風呂桶が必要です!

どこかで、廃材の風呂桶を探してくる必要がありますね・・・

あとは、山水を引いてくること!

こちらは、いま水の自給に向けて、
絶賛準備中なので、来期には実現できると思います。

水をかけ流しにしながら、浸水する方がよいらしく、
上水道を出しっぱなしにしてしまっては、
もったいないですよね。

 

解体ではなくて、内臓摘出のみを行いました

以前は、ジビエハンターガイドブックを参考に、

狩猟初心者に絶対おすすめの本があります!

狩猟初心者の方や、これから始めようと考えている方へ。
間違いなくおすすめの本があります。
その道の達人の動きを何度も見ることが
上達へのポイントです。

続きを見る

  1. 食道結紮
  2. 直腸結紮
  3. 皮を剥ぐ
  4. 内臓摘出

という流れで行っていました。

しかしながら、鹿を一頭まるまる引き取って下さるところが
見つかったため、運搬のことを考えると、
皮を剥いでしまっては、肉が汚れてしまうので、
上記のやり方は出来ません。

そこで、

内臓摘出のみを行いました。

 

この方法の良いところは、

内臓摘出のみを行い、冷水に浸水しておけば、
翌日まで保存しておくことができるので、
時間の余裕が生まれるということです。

すぐに、枝肉にばらすことが出来る時間が
ある場合は、

ジビエハンターガイドブックの通りに、
先に皮を剥ぐやり方でもよいと思われますが、
時間に余裕がない場合は、内臓摘出のみを行うとよいことが
わかりました。

まだ不慣れではありますが、

約30分あれば、
内臓摘出~浸水をこなすことができそうです。

とはいえ、

8時過ぎに一頭目を発見してから、
2頭目の浸水まで、作業がひと段落ついた時、
10時半を回っていました。

今日のひとこと

何事も、経験が大切です。

そして、人との出会いは、

必然ともいえるのかもしれませんが、

とても重要です。

実際、僕一人では、1カ月半の間に、
鹿9頭全部、解体し精肉することは
厳しかったと思います。

まず、冷凍庫に入らない・・・(笑)

ご縁があって、
ジビエの解体処理のお仕事をされている人に
巡り合うことが出来たことが
とても大きかったです。

心から感謝です。

 

以上、

一日に鹿が二頭かかっていた時、どうすればいいのか?

でした。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

-狩猟
-

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.