DIY 田んぼ

40年以上前の古いトラクターは使えるのか? その1

  1. HOME >
  2. コラム >
  3. DIY >

40年以上前の古いトラクターは使えるのか? その1

こんばんは!

自給自足シンガーソングライターの小濱達郎です。

田舎へ移住して丸4年が経とうとしています。

この家の農機具小屋には、古いトラクターがおいてありました。

4年間、放置してきましたが・・・(汗)

達郎
何とかしよう!

と思い立ちました!

40年以上前の古いトラクターは使えるのか?

KUBOTAのL1802DT-M

クボタのL1802DT-M というトラクターです。

年式は正確にはわかりませんが、どうも40年前のトラクターのようです。

使われなくなってから、相当年数が経っていると思われます。

ただ、幸いなことに屋根の下には置いてありました。

トラクターの現状

  • 前輪のタイヤが両方ともペシャンコ
  • エンジンがかかるかわからない
  • バッテリーはダメそう
  • 全体的にサビたり、汚れたりしている

ほんとに使えるようになるのか???

エンジンは動くのか?!

バッテリーを外して、充電してみました。

バッテリーを外すときは、マイナス側(黒)から外すそうです。

トラクターのバッテリーは、普通の乗用車の
バッテリーに比べるとやはり大きいし重たい!

充電したみたものの、
どうも電圧が12ボルトには届かないような
感じで、しかもすぐに放電してしまうようでした。

それでも、
使えるかもと思って、色々と実験しました!

強力な助っ人に来ていただきました!

ご近所の、たっけんさん。

自分で、車の車検を通したり、
あれこれ修理もしたり、色んな事に
詳しい方なのです!

バッテリーを外したものの、
プラスをどっちの線に接続するのかも、
僕はよくかわっておらず、
たっけんさん頼みでした・・・

マイナス側が、ボディーアースに
なるらしく、配線を見て判断していただきました。
助かった!

セルモーターの接続部分の絶縁ゴムがなんか溶けてる・・・!

達郎
ぎょえー!!!

セルモーターのところ

この写真ではよくわかりませんが、
黒いゴムの所が焦げているっぽい
感じがありました。

これはダメなのか・・・(涙)

と思ったら、

たっけんさんが、セルモーター外してみましょう!って。

外すことが、すでに難しかったのですが、なんとか外しました。

そして、分解!

怪しそうなところを金属のブラシで
こすって掃除して、どこかショートしていたり
配線が切れていたりしないかを、
テスターでチェックしながらの作業。

僕の早とちりトラブルもありましたが、
たっけんさんの勘がさえていて、
結果オーライ!

なんとか、元通りの場所に戻せました!

さあ、エンジンはかかるのか?

 

ブースターケーブルでトラクターとバッテリーを繋いで・・・

古いバッテリーを、元々バッテリーがあった場所に戻さずに、
ブースターケーブルで、トラクターと繋いでみました。

さらには、他にもあった、軽自動車の古いバッテリーなどを
並列で繋いで・・・
さらには、ジャンプスターターも接続して・・・

古いトラクターだし、
エンジンのかけ方すらよくわからない状態なのに・・・

ディーゼルエンジンは、少々古くても大丈夫だという
話は聞いていたものの、ほんまに動くのか?

動いてくれー!

エンジンの余熱をして、いざキーを回す!

ブルンブルン・・・

セルモーターは、動いてくれるものの、
勢いが弱く、全然エンジンがかかりませんでした・・・

チーン!

どうも、バッテリーの電力が足りない感じとのこと。

軽トラックを持ってきて、
そのバッテリーとも接続してみたけど、
全然ダメ!

この日は、そこで終わりました。

えいや!バッテリー新品買ってしまえ!

 

元々のバッテリーが
95D31R という規格のモノ。

農耕車両用のバッテリーというものが
あるんだけど、とにかく高い!

同じようなものを買うとなると
2万5千円くらいする!

達郎
高すぎー!

ということで、一般車用のバッテリーにしました。

ATLAS 115D31R アトラス バッテリー  自動車用  8,690円 なり。

どうせなら、エンジンオイル交換して、燃料も交換しよう!

ディーゼルエンジン用エンジンオイル 4リットル 約1500円 ×2つ

廃油受け 約1000円

オイルジョッキ 約800円

冷却水(クーラント) 約800円

 

色々とお金が飛んでいきますなぁ・・・(涙)

エンジンの底の方のドレーンボルトを緩めると、
古いエンジンオイルが出てきます。

真っ黒なエンジンオイルが・・・

古いエンジンオイルは真っ黒でした・・・

 

燃料は、燃料フィルターというところを
外すと、タンク内の軽油が出てきます。

燃料フィルターを、軽油で洗って・・・
元に戻す。

そして、エアーフィルターを外して掃除して・・・
元に戻す。

全ては、たっけんさんのおかげです。

車の修理に、ちょっとでも詳しい人がいると、
本当に安心です!

 

いざ、もう一度エンジンをかけるのだ!

新品のバッテリーを、
今度は、ブースターケーブルは使わずに、
ちゃんとトラクターの元所定の場所に装着して、
接続しました。

 

 

エンジンがかかった!

すげー!

と盛り上がっていたら・・・

エンジンが止まりました(涙)

その後、何回も挑戦してみたけど、
何回やってもエンジンは動きませんでした。

達郎
なんでなんだー!!!

 

その2に続く・・・

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

 

-DIY, 田んぼ,
-, ,

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.