古民家ネタ 田舎暮らしのススメ

築120年!古民家はエアコンいらずって本当!?

  1. HOME >
  2. 古民家ネタ >

築120年!古民家はエアコンいらずって本当!?

こんばんは。

こはまたつろうです。

いやあ、8月に入ってから、
連日暑い日が続いていますね。

僕の住んでいる場所は、標高350メートルくらいの
山の中なので、麓の平野部に比べると温度が2~3度低く、
ある意味避暑地的な感じではあります。

達郎
しかーし!

最近の昼の太陽光線は、非常に厳しくて、
ずっと浴びていると身の危険を感じますね。

 

さて、うちは築120年の古民家ですが、

築120年!古民家はエアコンいらずって本当!?

について、語りたいと思います!

まず、結論から言うと、

今の所、なんとかエアコンなしで暮らせています。(笑)

でも、

暑いですよ!!昼間は。

朝晩は、真夏でも結構快適です。

 

あと、扇風機は使っています。

って、いつの時代やねん!(笑)

 

古民家ネタについては、以前にも書きました。

築120年!古民家はカビだらけ!?

古民家暮らしで困ったことの一つに、カビの問題があります!
いずれ乗り越えてみせるのだ!

続きを見る

築120年!古民家暮らしで驚いた出来事 ベスト3~生き物編~

こんばんは! こはまたつろうです。 今日は、朝から驚きの連続でした。 いつものように、 畑で野菜の収穫をしていました。 今朝の収穫。一家で食べるには十分な量。 ...

続きを見る

 

とにかく隙間だらけなのです(笑)

つまり、エアコンをつけたとしても、
窓を開けて換気をしながらエアコンをつけているような
ものです(言い過ぎです。すいません。

エアコンをつけたら、普通に快適だとは思いますが、
自給自足、循環型の暮らしを目指しているこはま家なんで、
なるべく省エネでいきたいと思っています。

 

古民家が涼しいのは、本当です。

元々、屋根がかやぶき屋根で、
その上に鉄板で出来た屋根が被せてある状態です。

こんな鉄板の屋根になっています

この鉄板がなくて、かやぶき屋根のままで、
天井まで吹き抜けの状態だったら、
もっと涼しかったかもしれません。

うちの古民家は、120年の間に、
様々なリフォームが行われたようで、
本来の古民家の機能は薄れてしまっている
かもしれません。

ですが、
窓を開けると心地よい風が吹き抜けます。(たまに)

真夏でも朝晩は、温度が冷え込むため、
布団かけずに寝ると、明け方、肌寒く感じますよ。

 

お盆を過ぎると、急に秋の氣配が近づいてきます

ミンミンゼミや、ツクツクボウシが鳴き、
夏の終わりを感じますねぇ。

夜になると、秋の虫の鳴き声が聞こえてきます。

いまも、スイーッチョン♪とか、リンリンリンとか♪

 

そして、

10月半ばに入れば、もう薪ストーブの登場です!

うーん。

時の流れの早さを感じますね。

もう少し、薪を集めてきたかったりと、
実はやることは際限なくあります。

 

達郎
明日も楽しく参りましょう~!

 

ということで、

築120年!古民家はエアコンいらずって本当!?

 

でした。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

-古民家ネタ, 田舎暮らしのススメ

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.