狩猟

わな猟を開始する前にやるべきこと~わなの点検整備~

  1. HOME >
  2. 食の自給 >
  3. 狩猟 >

わな猟を開始する前にやるべきこと~わなの点検整備~

こんばんは。

自給自足シンガーソングライターの小濱達郎です。

本格的に寒くなってきました。

我が家では、薪ストーブが大活躍です。

薪ストーブの近くでは、柿やキウイフルーツ、リンゴなどを
薄切りにしてドライフルーツ作りもしています。

柿の薄切りを薪ストーブの近くで干している

そして、11月15日から、いよいよ猟期が始まります。

11月15日は、森のコンサートで歌うので、
僕にとっての猟期は11月16日からですが。

森のコンサート

さて、

わな猟を開始する前にやるべきこと

を考えてみたいと思います。

  1. わなを仕掛ける地域の調査
  2. 分かる範囲で地権者の了承を得る
  3. 実際に山を歩いて、動物の痕跡を探す
  4. 猟具である、わなの整備、実証実験
  5. 止め刺しの道具、解体の道具の準備
  6. わなの標札、看板などの準備
  7. 手袋、長靴、帽子など服装の準備
  8. 解体場所の整備

こうして書き出してみると、
結構色々ありますね・・・

太字にした部分は、僕がやらなければならないことです。

 

わなの猟具の整備、実証実験について

今季で3回目のわな猟ということで、
これまでの失敗などをふまえて、
使用するわなの点検整備、実証実験をすることにしました。

少し前になりますが、わなの自作も行いました。

くくり罠の作り方 踏み板編 その1 ~達人の罠を参考に~ 

くくり罠の踏み板部分の自作に向けて。
狩猟を2年経験し、猪や鹿などをくくり罠で捕らえてきました。
くくり罠の自作方法を公開していきます。
まずは材料編です。

続きを見る

わなを一つ一つ確認します。

わなを並べてみます

僕が持っているわなは、いただいたものも含め、
全て手作りのものです。

僕自身がわな作りの素人なので、一つ一つの罠の性質が微妙に違います

塩ビパイプの曲げ具合とか、微妙なネジ穴のずれ、
ワイヤーガイドの溝の深さなど、様々な要素が
わなの性質に影響します。

ネジがゆるんでいたり、きつすぎたり、
角度が良くないもの、など調整しました。

わなの性質とは・・・

獲物が、そのわなを踏んだ時に、

  • どのくらいの重さで罠が反応するか。
  • どの位置で足をくくることができるのか。
  • わなが作動する際の反応速度

などが考えられます。

1年目2年目は、こんなことを考える余裕もなく、
とりあえず、わなの形をしたものを使っていました。

わなの性質(特性)をわかっていないと・・・

空はじき が起こってしまう原因になります。

せっかく、獲物がわなを踏んだのにも関わらず、
逃げられてしまうことを、空はじきといいます。
(わなが作動はしたけど、捕らえることができなかった状態。)

昨年は、空はじきが多かったのです。

ということで、

一つ一つ、実際にわながうまく作動するかどうかを調べました。

木の棒を動物の足に見立て、実際にわなを踏んでみたところ

やってみて氣がついたこと

ある程度の荷重がかかって初めて、
そのわなが動作するような状態が良いだろう、
ということ。

そのためには、

わなの調製も大切ですが、

それと同様に、

土台の塩ビパイプに、
つまようじを刺すことが必須です!

こんな感じで爪楊枝がさせるようにします

さらには、その爪楊枝の刺し具合も、
なるべく均等にするべきだということです。

 

こうした、小さなことの積み重ねが、
最終的な結果に結びつくのだと思います。

 

以上、

わな猟を開始する前にやるべきこと~わなの点検整備~

でした。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

-狩猟
-,

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.