プロフィール

小濱達郎 (こはまたつろう)

大阪府高槻市出身。39歳。

住宅街のど真ん中、
高圧電線が走る鉄塔のふもとで育つ。

小中高と、勉強まじめ少年。
中学校の内申書は、90点満点中86点という
驚異のまじめっぷり。
暗記することは、得意でした。
中学校の定期テストは、
ひたすら暗記していました。

一方で実力テストの類は苦手で、
考えるということには、ちゃんと
向き合えていなかったのだと思います。

また、親に褒められたい、
怒られたくないという動機に支えられ、
頑張れたのかもしれません。

高校生の頃は、バドミントン部の部長を
したり、たまには羽目を外して遊んだり、
また失恋を何度も経験しました。(フラれる専門)

失恋は多くのことを僕に教えてくれました。

その一つは、
自分がいくら努力をしても、
好きな人の心を変えられるものでは
ないのだということです。

僕は何のために生きているのか?
ということを考え始めたのも
ちょうどその頃でした。

高校を卒業後、
大阪大学の基礎工学部に入学しました。

その大学で、アカペラサークルに出会い、
人前で歌を歌うようになりました。

最初は、音程もリズムも自己流で、
ハモるという意味すら、わかっていませんでした。

ボイストレーニングの本を読んで、
ボイストレーニングの教室にも通い、
毎日のように必死で歌の練習をしました。

歌が上手くなるためには、
楽器も弾けた方がいいと言われ、
21歳頃からピアノを弾き始めました。

その後、ジャズ研に所属したり、
学業はそっちのけで、音楽づけの
学生時代でした。

実は大学院まで進学しました。

しかしながら、卒業後、就職しませんでした。

両親(特に父親)とは、そのことで非常にもめました。

ずっと親の敷いてくれたレールの上を生きてきましたが、
結果的に大幅に脱線することになりました。

 

 

 

 

 



2017年春、京都府南丹市八木町にある農村へ移住。

「世の中を変えたい! そのためには、まずは自分自身から!」

と思い立ち、

循環型の暮らし、持続可能な暮らしを目指し、
自給自足を実践中!

夫婦と子ども4人の6人家族。
ピアノ弾き語りシンガーソングライターとして
演奏活動、楽曲制作、音楽教室の講師も行っている。

田んぼでお米を育て、畑では自家用の野菜を。
庭では果物。冬場は猟師として肉(ジビエ)の自給も。

また、築120年以上の古民家で暮らし、
コンポストトイレ、薪ストーブなども
暮らしの中に取り入れている。

田舎で暮らし、
家族みんなが健やかに
心豊かに暮らしていけるよう、
一生懸命に取り組み中!

Copyright© 自給自足シンガーソングライターの田舎暮らし実践記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.