プロフィール

小濱達郎 (こはまたつろう)

大阪府高槻市出身。39歳。住宅街のど真ん中、
高圧電線が走る鉄塔のふもとで育つ。

2人兄弟の次男。

幼少期から、両親のケンカが絶えない家庭で育つ。

公文式のお勉強を重視する幼稚園を卒園。

小学校中学校と、勉強まじめ少年
中学校の内申書は、90点満点中86点という
驚異のまじめっぷり
暗記することは、得意でした。
中学校の定期テストは、
ひたすら暗記していました。

一方で実力テストの類は苦手で、
考えるということには、ちゃんと
向き合えていなかったのだと思います。

また、親に褒められたい、
怒られたくないという動機に支えられ
頑張れたのかもしれません。

高校時代

高校生の頃は、バドミントン部の部長を
したり、たまには羽目を外して遊んだり、
また失恋を何度も経験しました。(フラれる専門)

卒業までに、一人の女性に、結局4回ほど告白しました。
結果は全敗でした。(汗)
(ストーカー行為はしていませんよ)

たくさん泣きました。

でも、失恋は多くのことを僕に教えてくれました。

その一つは、

自分がいくら努力をしても、
他人の心を変えられるものではない。

ということです。

僕は何のために生きているのか?
ということを考え始めたのも
ちょうどその頃でした。

高校を卒業後、現役で
大阪大学の基礎工学部に入学しました。

大学時代

大学で、アカペラサークルに出会い、
人前で歌を歌うようになりました。
音楽を始めたのは、ちょうどこの時期(18歳)からです。

最初は、音程もリズムも自己流で、
ハモるという意味すら、わかっていませんでした。

ボイストレーニングの本を読んで、
ボイストレーニングの教室にも通い、
毎日のように必死で歌の練習をしました。

昼休みに非常階段にいって、
一人で発声練習をしていたことを覚えています。

これだけ、歌にのめり込んだ理由を振り返ってみると、
自分に何か特技のようなものがあったら、と
思ったことがあります。

高校時代の失恋経験を経て、
自分自身の人間としての価値を
どうやったら高められるか、というようなことを
考えていたのかもしれません。

音楽にのめり込む

歌が上手くなるためには、
楽器も弾けた方がいいと言われ、
21歳頃からピアノを弾き始めました

その後、ジャズ研に所属したり、
学業はそっちのけで、音楽づけの学生時代でした。

実は、先輩のアカペラグループがデビューをする際に、
一緒にやらないか?と誘われていました。

もちろん悩みましたが、親に説得されたこともあり、
断ってしまいました。もし、断っていなかったら、
今とは別の人生を送っていることでしょう。

大学院へ進学しました。

だからといって、研究に熱が入るわけでもなく、
学校にいくものの、研究室にはいかず、
歌やピアノの練習をしたりしていました・・・

大学院の1年生の夏ころからは、就職活動がスタートし、
僕も真剣に考えました。

履歴書を書くにあたって、自分は一番何がしたいのか?
ということを追求すればするほど、
「音楽」という二文字がどうしても消えませんでした。

結局、卒業後、就職しませんでした。

両親(特に父親)とは、そのことで非常にもめました。
今でも、わだかまりが完全に溶けているわけではありません。
親の価値観と、僕の価値観は違うのです。
お互いに認め合えたらよいのかもしれませんが、
いまだに、このことは、僕の中に引っかかっています。

ずっと親の敷いてくれたレールの上を生きてきましたが、
結果的に大幅に脱線することになりました。

就職せず、音楽の道へ

アルバイトをしながら、ライブ活動を精力的に始めました。
ストリートライブを毎週行いながら、CD制作や、オーディションへの
応募など、メジャーデビューを目指して、頑張りました。

多いときは、年間100回ほどのライブを行い、
自主企画のホールコンサートでは420人の
集客を達成しました。

しかしながら、心の中では、
大きな悩みも抱えていました。

自分自身がやりたい。と思い、
就職の道を蹴ってまで、音楽の道へと
突き進んだ、はずなのに。

そこまで自分自身で音楽の道を
追求しきれない。

何故だ?

心の葛藤があった。

曲作り、歌やピアノの練習を
絶対にしなければならないと決めて、
一日のスケジュールを考えて
机の前に張ったりして、
何とか自分で決めた目標を乗り越えようと
必死だった。

でも、しょっちゅう逃げてしまっていた。

出来なかったのだ。

自分を律して律して、努力を積み重ねて、
自分自身の音楽力をもっともっと高めたかった。

音楽を始めたのが遅いし、
やってみて出来ないのは仕方ないとしても、
それにもめげずに努力をすれば、
いつかは壁も乗り越えられると信じていた。

いまでも、それは信じている。

僕自身としては、努力を続けるということに
氣持ちがどうしても向かない、
いや、一時は集中してやるんだけど、
それが続かない。

このことが、嫌で嫌で、
自分を責めて、しばし自己嫌悪に陥った。

僕は元来、とても真面目な性格で、
ある意味純粋なんだけど、
何事も頭で考えてしまうがゆえに、
自分自身の本心、本能とは別の部分で
自分を制御しようとしてきたのかもしれない。

 

自分がやりたいと、親の反対を押し切って進んだ
音楽の道。

それは、本当に僕のやりたいことなのか?

 

時にわからなくなった。

 

とはいえ、
僕の周りで、僕を支えてくれる人たちが
いれくれたおかげで、
何とか心を保って音楽活動をがんばっていた。

 

結婚。

2010年、音楽を通じて知り合った、現在の妻と結婚をした。

僕は自身の音楽活動とプライベートのことを、
どう扱ったらよいのか、決められずにいた。

ファンの方に結婚のことは、報告した。

でも、じゃあライブ会場などで妻がスタッフとして
お客さんの前に顔を出すことはどうなのか?

当時の僕は、その辺りも曖昧なままで、
お客さんをがっかりさせたりもした。

音楽で生きていくと決めたはずなのに、
本当にその覚悟があったのか、
というか、音楽で生きていくということは
どういうことなのか、
わかっていなかったのだと思う。

今になって振り返ってみると、
そういう核心的な部分がぼやけていたがゆえに、
音楽から逃げてしまったり、
行き当たりばったりになってしまったり、
人をがっかりさせたり、
時に迷惑をかけたりもしてしまったのだと思う。

僕という人間は、まったく。

 

子どもが誕生する。

子どもの誕生は、僕の人生にとって、
とても大きな出来事だった。

それまでは、「自分自身の成長のため」、
という考えが僕の頭を占めていたけど、
子どもが生まれることで、
「子どもの未来のため」という考えが
強くなってきた。

 

 

 



2017年春、京都府南丹市八木町にある農村へ移住。

「世の中を変えたい! そのためには、まずは自分自身から!」

と思い立ち、

循環型の暮らし、持続可能な暮らしを目指し、
自給自足を実践中!

夫婦と子ども4人の6人家族。
ピアノ弾き語りシンガーソングライターとして
演奏活動、楽曲制作、音楽教室の講師も行っている。

田んぼでお米を育て、畑では自家用の野菜を。
庭では果物。冬場は猟師として肉(ジビエ)の自給も。

また、築120年以上の古民家で暮らし、
コンポストトイレ、薪ストーブなども
暮らしの中に取り入れている。

田舎で暮らし、
家族みんなが健やかに
心豊かに暮らしていけるよう、
一生懸命に取り組み中!

Copyright© 自給自足シンガーソングライターの田舎暮らし実践記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.