狩猟 食の自給

鹿骨ラーメン!激ウマでした!

こんばんは。
小濱達郎です。

先日仕留め、解体した雌鹿ですが、
解体、精肉処理をする中で、当然、
たくさんの骨が出てきます。

ただ捨てるのはもったいない!

ということで、
薪ストーブの上で、
鹿の骨をぐつぐつと長時間煮込み、
鹿骨スープを作りました。

鹿骨ラーメンの作り方(かなり雑です)

鹿骨 ガラ

この写真は、そのスープの出しガラです。

1、大きい鍋にお湯を沸かします。

2.鹿骨を鍋にいれ、ひたすら煮込みます。

本当は、大腿骨などは、ハンマーなどで
割ってから煮込むべきなんですが、
面倒くさくて、そのまま彫り込みました。
背骨は、軟骨部分で切って短くしてから使いました。

ローリエの葉っぱを10枚くらい一緒に入れました。

3.沸騰したら、灰汁を取ります。

4.スープが減ってきたらお湯を足します。

5.今回は20時間くらい煮込んで、完成ということにしました。

煮込んでいる間、結構臭いはします。
まあ、豚骨ラーメンの場合も、
豚骨を煮込んでいるときの臭いは、
強烈ですよね。
豚骨の臭いとは、また全然違います。

さて、その次は、かえしダレを作ります。

醤油ベースのかえしダレの作り方

材料:醤油300cc、お酒100cc、みりん100cc、塩小さじ1、砂糖小さじ1、ニンニク1~2かけ、ショウガ1~2かけ、昆布

  1. ニンニク、ショウガを刻む、もしくはすり下ろします。
  2. 醤油、お酒、みりん、塩、砂糖、昆布と1のニンニク、ショウガを鍋にいれて、火にかけ、沸騰したら火を止めます。
  3. 冷まして完成。

かえしダレに熱々の鹿骨スープを流しいれて・・・

濃さは、味見をしながらそれぞれの量で調整します。

具材は、お好みですが、野菜炒めをのせると食べやすいです。


鹿骨ラーメンの完成!

鹿骨ラーメン

めっちゃ美味しい!

子どもたちも大喜びで食べていました!

麺が全然足りなかった!

麺は、多めに用意しておくのがよいでしょう。

-狩猟, 食の自給

Copyright© 自給自足シンガーソングライターの田舎暮らし実践記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.