コラム 暮らしの日記

京都府、南丹市八木町神吉にある神吉城跡とは?

  1. HOME >
  2. コラム >

京都府、南丹市八木町神吉にある神吉城跡とは?

こんばんは。

自給自足シンガーソングライターの小濱達郎です。

さて、今日も、お休みの一日に・・・(^^;

京都府、南丹市八木町神吉にある神吉城跡とは?

八木町の観光マップを見ていたら、
神吉城跡があると書いてあるのです!

うちの長男が興味津々で、
「行ってみたいなぁ・・・」と、
何度か口にしていました。

思い立って、今日の午後、
家族みんなで行ってみることにしました!

神吉城跡のすぐふもとにすんでいる、
カナエさんをお誘いして、一緒に行ってきました☆

戦国時代の山城跡らしいです

八木に城跡があって、
そちらは、丹波三大山城ということで、結構有名です!

神吉という地区は、現在は八木町の一部ではありますが、
元々は北桑田郡に属していたようで、
京北とか美山町と縁が深かったようです。

山城が存在していた当時は、
さらにもっと昔の話で、
周囲の村との関係はどんなだったのでしょうね。

神吉の城跡は、八木や右京区越畑、神吉が見渡せます。

実際に、神吉の城跡らしきところは、
山頂の開けた地形になっていて、
西の方角には、八木町、
東の方角には、越畑、
北の方角には、神吉を見渡すことが出来ました。

越畑の方面

神吉の方面

八木の方面は、木が生い茂っていて、
あまりうまく写真が撮れませんでした・・・

 

城跡の中心だったであろうところには、
看板のようなものがありました。

城跡らしきところに看板のようなものが

堺と書いてあります

 

誰がこの看板を作ったのかは、定かではありませんが、
あまり風情を感じるようなものではありませんでした(笑)

 

とはいえ、見晴らしの良い地形であることは
確かなので、
見張りのための砦として、機能していたのかも
しれません。

城跡らしき場所は、そんなに広くはありません。

山頂部に、開けた地形が、
10メートル×40メートルくらい?かな。

そして、素人目では、
山城の跡らしきものの痕跡は、
よくわかりませんでした。

でも・・・

山はいいー!!!

空氣がいいし、
自然に包まれる感じがいい!

尾根沿いの獣道を歩いていきました

尾根沿いに、山頂を目指して登っていくのですが、
整備された登山道はなく、獣道を歩いていきました。

つまり、道中は鹿の糞だらけです(笑)

そして、鹿の寝床跡らしきところも、
随所に見られました。

帰り道、一応迷わないように、
所々、目印をつけていきました。

ピンクテープはよく目立つ!

 

ゆっくり登って、休憩して、降りてきて、

所要時間は、約2時間でした。

2歳児を連れての山登りだったので、
このくらい時間がかかりましたが、
大人の足だったら、半分の時間あれば十分でしょう。

ただ、ちゃんとした登山道はないので、
降りるときに、道に迷わないよう、
明るい時間帯に余裕をもっていきましょう!

 

史跡めぐりはロマンです!

以前、熊野古道を紀伊田辺から、
那智の滝のところまで、一人で歩いたことがあります。

かつて、多くの人が歩いたであろう道を
僕も歩いているということ。

様々なドラマがあったんだろうなぁ。

僕も今、生きているんだなぁ・・・

子どもたち、妻、友人と一緒に、山登りをしたこと。

家の近くの城跡に行ってみたこと。

こういう記憶、思い出が、人生において、
とっても大切で、かけがえのないものだと
改めて思いました。

 

以上、

最後まで読んでくださってありがとうございました。

↓にほんブログ村に参加しています。バナーをクリックしてくださると、励みになります☆
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

-コラム, 暮らしの日記
-,

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.