狩猟

精肉が忙しすぎる件について

  1. HOME >
  2. 食の自給 >
  3. 狩猟 >

精肉が忙しすぎる件について

こんばんは。

自給自足シンガーソングライターの小濱達郎です。

最近は、ブログやユーチューブ動画の更新が出来ておりません・・・

というのも・・・

鹿肉の精肉作業に追われています

鹿肉の精肉作業

 

先日、大きなオス鹿が2頭とれて、その翌日にメス鹿が1頭獲れました。

こういうときは、ジビエを扱っている肉屋さんに一頭買いしてもらったり、
知人に来てもらって、一頭買いしてもらったりしているのですが、

今回は、どうもタイミングが合わずで、
結局僕が、大きな鹿3頭分を、
一人で解体~精肉作業をすることに
なりました。

ハッキリ言って・・・

めちゃめちゃ経験値が上がります!

2~3日の間に、
後ろ足6本分、前足6本、ロース6本の
精肉作業をするのです。

そりゃ、慣れます(笑)

精肉作業というのは、
枝肉の状態から、骨を外して、
部位に分けて、その際に、血管やリンパ、筋や膜などを
取り除く作業
のことです。

モモ肉の精肉作業中

ここ数日でかなり上達しました。

骨の場所や部位の位置関係などが
正確にわかるようになってくるので、
迷いなく包丁を使うことができます。

とはいっても・・・

精肉作業は、時間がかかります

モモ肉一本を精肉するのに、小一時間くらいはかかるような感じがします。

精肉するだけでなく、最後に真空パック詰めをして、日付などの
メモを書く必要もあって、その都度、片づけもしなければなりません。

結構、集中力のいる作業なので、長時間の作業は
キツイということもあります。

今日は、もも肉を4本分、精肉しましたが、
目が疲れました。

プロ猟師は一体いくら稼いでいるのか?

プロ猟師は、猟期の間にどのくらい稼いでいるのでしょうか?
僕が実際に、プロ猟師の方から聞いた話を元に、
まとめてみました。

続きを見る

かなりの量の鹿肉で専用冷凍庫がパンパンです(汗)

大きな鹿の場合、一頭で20~30キロくらいの肉が手に入るので、
ものすごい量になってきます。

今期、鹿を12頭獲っていまして、半分くらいは、
一頭買いしていただいているのですが、
6頭は自分で解体~精肉しています。

別の日に精肉したもの

すでに100キロ以上の鹿肉です。

猟師の仕事と、精肉の仕事は出来れば分業したい

猟師の腕があがっていると、
当然たくさん獲れるようになるので、
そうなってくると、自分で解体~精肉していたのでは、
猟師の方に支障をきたすようになってしまいかねません。

もちろん、自分一人で精肉まで出来る猟師でありたいと
思っているので、そこは大切にしたいところですが、
時間が足りないというのが、現実です。

獲った鹿の行先を確保することが、本当に大切です。

これは、自分自身の体験を持って、
心底理解したことだと言えます。

大変さというのは、自分自身で味わってみないと、
本当のところはわからないのです。

しんどさを痛感してこそ、
少しでもマシにできるように
行動できるのだと思います。

でも・・・

上手に解体~精肉した鹿肉は、本当にうまい!

今日は、鹿の内もも肉をローストしたのですが、

うますぎ!

最強!

極上の柔らかさと、癖のない上質な肉の味わい。

これは、間違いなく最高級品です!

牛肉よりも、相当美味しいです。

フランス料理で、ジビエが最高級食材だという意味が理解できますね。

自然の中で、健康に育った野生動物の肉は、家畜のそれとは別物です。

鹿肉のロースト

自分で全て行うからこそ、
全ての工程を自分の目で確かめているのです。

だから、あの時の止め刺し~血抜きが甘かったかな・・・とか、
あの個体がこんな味なのかとかまで、全てわかってしまいます。

本当に安心で美味しいものが食べたいですから、
そのための狩猟であり、解体~精肉作業です。

腕を磨いていくことで、
より精度を高めていきたいと思います。

さあ、明日も朝から、罠の見回りです。(はひー)

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

↓にほんブログ村に参加しています。バナーをクリックしてくださると、励みになります☆
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

 

 

-狩猟
-, , ,

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.