コラム 子育て 田舎暮らしのススメ

新型コロナウイルスのこと ~これから先、どう生きていけばいいのか~

こんばんは。
こはまたつろうです。

うちにはテレビを置いていませんが、
インターネットでは、ニュースを毎日確認しているので、
世間ではどんな感じなのか、ということは、
ある程度は理解しているつもりです。

緊急事態宣言。

フェイスブックで、あれこれ見ていると、
今の政府の対応の悪さを指摘する声が多い。

そもそも、現政権には僕も
とっくの昔に愛想をつかしているので、
とにかく早くやめてくれという気持ちはある。

代わりの政党として、野党といえば、立憲民主党?

でも、ほとんど自民党と変わらないんじゃないかって、
最近は気づいてきた。

山本太郎さん率いるれいわ新選組には、
期待して、応援しているけど、今は、
静観している感じになってしまっています。

 

さて、
今回の新型コロナウイルスですが、
様々な視点からの情報が飛び交っていると
感じています。

一般的に、日本のメディアで流れている情報。

フェイスブックなどのネットメディアで流れてくる情報。

一体どれが正しくて、何を信じたらよいのか?

まず、このウイルスは、どの程度怖いのか?ということ

致死率は? 国によっても、年齢別によっても、大きく違うようだけど。

かかったら、どんな症状なのか?

3月の頭頃は、医療現場からの声みたいなのは、
あまり流れていなくて、まあ、そんなにビビらなくて
いいんじゃないの?ってイメージでした。

でも、3月後半になるにつれて、
海外とかの医療現場からの、深刻な声みたいなのが、
流れてきて、医療崩壊だとか、そういう声が
多く流れてくるようになった。

新型コロナウイルスが原因で、街が封鎖されたところも
多く出てきて、なんだか、異常事態だという感じが
本格的になってきた。

当初は、楽観視していた僕自身ですが、
今は、さすがに危険なのかなとは認識するように
なりました。

ただ、実際に、自分の目で見たり、現場を体感したりは
していないので、本当のところはわからないというのが、
正直なところです。

わからないからこそ、慎重にとも思うので、
しばらくは、家族で、家にこもりつつ
暮らそうと思います。

 

家の裏の桜は満開。
美しい風景。

 

どこから出現したウイルスなのか?ってこと

中国の武漢という街から発生したといわれている。

それが、コウモリ?が原因のウイルスなのか?

はたまた、

人工的に作られたウイルスなのか?

 

このあたりも、わからない。

ウイルスは、突然変異することもあるらしいので、
自然界からの警鐘かのような意味合いで、
地球環境を破壊し続ける人間に対する
脅威となるウイルスが現れたと、考えることもできる。

 

この新型コロナウイルスは、終息するのか? ということ

感染拡大が続いている様子で、
とりあえず、GW明けまでは
外出禁止的な感じになってくるみたいだけど、
そのあと、ウイルスは消えるの

たぶん消えないよね・・・

梅雨から夏の季節は、ウイルスの活動は
停滞してほしいと期待しているけど、
また、寒くて乾燥する季節になると、
インフルエンザがそうであるように、
今回の新型コロナウイルスも、
勢いを蒸し返してくるんじゃないの?

知らんけど・・・

 

この先、マスクをつけることが当たり前になるってこと?

僕は、基本的にマスクをつけない人間でした。

歌を歌っているので、喉の保護のために

寝る時もつけていた時期があったけど、

朝になって、マスクがついていたことが一度もなかったし、

あんまり喉を過保護にするのは、よくないと思うようになり、

加湿器なんかもつけないし、あるがままの状態です。

声を常に最良の状態に保ちたいというのは、わかるけど、

状態に波があるのが、当たり前だし、それが人間だと思っているから。

 

同様に、アルコールスプレーなどで、
手を殺菌消毒することも、なるべくやらないようにしていました。

手には、様々な菌がいるだろうし、
きちゃないのも確かだけど、
清濁含めて、自然界の中で生きていると思っているので、
普段の自然物との暮らしの中で触れるものに関しては、
極めて寛容な態度をとっています。

むしろ、色んな菌を少しずつ体内に取り込んでおくことで、
身体の中の免疫力の多様性みたいなものが、出来たらいいなと
楽観視に思っています。

とはいえ、野生動物をさばくときには、
ゴム手袋するし、使用した器具は、熱湯消毒や
アルコールスプレーも使いますよ。

強がってみても、現代っ子であることは
間違いなくて、そんなに強くないと思うし。

 

マスクをつけることや、殺菌消毒、ワクチンを接種する、みたいなことが、
ますます当たり前になってくるようで、それはすごく嫌だ。

今までは、マスクをしていなくても、
あまり問題なかったように感じていたけど、
これから先は、どうなることやら。

マスクしてなかったら白い目で見られるように
なるのが、怖い。

実際に、小さな集まりとか、
買い物とかで、
自分がマスクをしているときに、
していない人をみると、
「この人マスクしてないな。」と
自分自身が白い目で見てしまっているような
感覚になったことがあります。

人間の心理というものは、恐ろしい側面があります。

分断を産んでしまいかねない雰囲気が怖いです。

 

この自粛ムードはいつになったら解ける?ってこと

このままでは、イベント関係、芸能関係、飲食関係、観光関係などなど、

様々な業界が、お先真っ暗な感じです。

もちろん、それでも生きていかないといけないし、
何とかするしかないのは確かなんだけどね。

自分で、音楽イベントを企画していこうにも、
一体いつなら実施しても大丈夫なのか。

全く見通しが立ちません。

僕の周りの音楽つながりの人は、
達者な人が多く、ネット配信なども、
精力的に始めています。

新しいやり方が産まれつつあるんだとも感じます。

しかしながら、あまり楽観視できないようにも
感じます。

僕自身、音楽の仕事をどのようなスタイルで
続けていけるのか、あれこれとやってみないとです。

 

この先、どうウイルスと付き合っていけばよいのか?ってこと

一部では、今回のウイルス騒動自体が、
誰かに仕組まれたものじゃないかって節が
ささやかれている。

でも、世の中全般の情勢としては、
とにかく怖いウイルスが出てきたから、
排除したい、殲滅したいというのが、
ほとんど。

どこかの誰かの陰謀だとは思わないよね。

僕自身、その辺りは、よくわからないけど、
ただ、やみくもに怖がったり、
この新型コロナウイルスが憎い!とか、
怒りをぶつけることは、なんか違うなと
思うし、違和感を感じます。

このウイルスのワクチンって、
やっぱりできるんだろうか・・・

怖い病気だから、ワクチンで予防とか、
薬で治療とかってことになるんだろうけど、
僕は、ワクチンのことを
どうも信用できていないところがあって、
違和感が完全には消えないのです。

特にインフルエンザの場合は、ワクチンを打った人でも、
インフルエンザになっている人が周りにはわんさかいるし、
その効果は、疑問が残る。

完璧に効くワクチンや薬なんてものは、
存在しないんじゃないかと思っています。

科学は、すごいけど、万能ではないと思うから。

じゃあ、どうすればいいのかってことになるけど、

ウイルスと共存するしかないのかなと思っています。

突き詰めていくと、死ぬということと、

もっと向き合っていかなければならないのかなってこと。

 

そりゃ、愛する家族の命は大事。

僕自身も、家族を残して、まだ死にたくないと思う。

死ぬのは怖い。

 

でも、だからといって、これから先、

毎日ビクビクしながら生きていくのは、

まっぴらごめんだ。

 

実は、幸いなことに、

うちは、田舎暮らしで、

都会に比べると、格段に人口密度の低い、

自然に囲まれた土地で暮らしているので、

家の前の畑での野菜の栽培や、

山へ行って、薪となる木を集めてくることや、

薪づくりなど、普段通りの生活をしていても、

外部の人と会わないのです・・・!

(買い物のときは会うけどね。)

換気の抜群な(笑)、青空の下での野良仕事は、

最高ですよ。子どもたちが近くで遊んでいたりして、

まさに幸せなひと時だったりもします。

お米の塩水選の作業も
子どもたちと一緒

つまり

田舎で、自給自足的な暮らしをするにあたっては、

ウイルス騒動での外出自粛の
ダメージはあまり受けないということです。

 

もっとも、メインであるはずの音楽の仕事は、
打撃を受けているし、先行き不安ですが。

そして、お金・・・ ひゃー!

(そこが重要だとも言えます)

 

やっぱり、お金は必要!大切!
今は、少しは蓄えがあるから、
こういった文章がかけるのかもしれません。

支払いが近づいてきいているのに、
お金がどこにもないってなったら、
野良仕事じゃなくなる。

とにかく、お金になる仕事をしなきゃって
そうなる。

 

しかし、いつまでものんびり
していられないのは、わかっている。

自給自足の暮らしと、音楽と
こはま家の経済をちゃんと
バランスとって、
うまいこと回していけるようにする!

これから先の時代、田舎暮らし、自給自足的暮らしはおすすめだってこと

 

お金を稼ぐという仕事だけじゃない、

生きていく、そのもののための仕事があって、

それを、すごく直接感じられます。

 

4月のこの時期は、畑で野菜って、

ほとんどなくて、でも、

そこらへんに、ノビル、ヤブカンゾウ、ヨモギ、

ユキノシタ、フキ、など食べられる野草が生えていて、

それらを採って食べるのです。

ノビルにヨモギに、ヤブカンゾウ、子どもたちと一緒に採ります

いざというときにも、家族が暮らしていけるための

知恵と経験に基づいた技術は、

これからの時代、

とても大切になってくるんじゃないかと

思っています。

 

だからこそ、

このブログでも、

僕自身が経験してきたことを

なるべく美化せずに、
よいところも悪いところも
発信していきたいと

思っています。

 

結局、毎日、泥臭いことばかり

やっていますから。

でも、嫌々やっているわけではないからね。

身体を動かすのは楽しいんよね。

植物を育てるのも、

木を切るのも、薪を割るのも、

草を刈るのも、狩りをするのも。

 

それらの行為が、

自分の周りの環境を良くするためのものだって

信じているから、なのかもしれないけどね。

 

さあ、明日は、もう一度、種を蒔こう。

失敗しても、そこで終わりじゃない。

やり直しがきくこともあるかもしれない。

くじけず、腐らず、元気に幸せにいきていこう!

-コラム, 子育て, 田舎暮らしのススメ
-

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.