狩猟

閲覧注意!鹿の肝臓に寄生虫発見!

  1. HOME >
  2. 食の自給 >
  3. 狩猟 >

閲覧注意!鹿の肝臓に寄生虫発見!

こんばんは!

自給自足シンガーソングライターの小濱達郎です。

11月15日に始まった、狩猟ですが、
もう3月に入り、ほぼすべての罠を引き上げました。

その3カ月半の間に獲った動物は、

猪1頭、鹿19頭、タヌキ3頭、アライグマ1頭です。

どんだけ殺生しとんねん・・・

自分が恐ろしくなります。

生きるためとは言うものの、
哺乳類を殺すことは、魚、虫、植物を
殺すこととは、受け止め方が違うようにも思います。

食べる方では、肉だろうが魚だろうが、野菜だろうが、
あまり氣にせず食べているのにね。

 

さて、先日獲った鹿なんですが、

なんと!鹿の肝臓に寄生虫発見しました!

いやあ、話には聞いていましたが、
初めて見ました!ビビりました!

いつも、内臓を摘出した際に、
肝と心臓は、食用にするために、
冷水につけています。

その後、調理するために水から引き揚げました。

肝臓を水につけてあった入れ物を見ると、

ん?なんかある・・・

小さい2~3センチくらいの欠片みたいなものが、
二つ水の中に漂っていました。

「???いつもはこんなのないのになぁ」

念のためにと思って、
その欠片を確認してみました。

 

閲覧注意です!(虫が嫌いな人は見ないでください)

 

肝臓にいた寄生虫

キッチンペーパーにのせてみたのですが、

この平べったいヤツです。

肝臓の入り口付近をキッチンペーパーで拭うと、
何匹か同じようなのが出てきました(汗)

うひゃー氣持ち悪~。

 

一応、肝臓を切ってみました。

すると・・・

白っぽい穴があって、
その中に寄生虫がおりました・・・

 

調べると、

肝蛭(かんてつ)という寄生虫でした。

ヒルの一種で、吸血性の寄生虫だそうです。

人畜共通の寄生虫だそうで、

もし、この寄生虫入りの肝臓を、
知らずに生で食べたら、
食べた人に寄生虫が感染します。

肝蛭に寄生されたとしても、
死ぬほどのことにはならないようですし、
薬で対処もできるみたいではありますが、
絶対避けたい!

要注意です!

 

肝臓を生で食べるのは危険です!

これは、野生動物に限らず、家畜も同様だとは思います。

万が一のことがないとは言えないので、
しっかり加熱して食べるようにしましょう!

ちゃんと加熱すれば、万が一、虫がいたとしても、
虫が死ぬので大丈夫だそうです。

肉なども低温調理する場合は、念のため、
一度しっかり冷凍してから使いましょう。

この肝臓は、袋にくるんで廃棄処分しました・・・。

ただ、肝臓に虫がいたからといって、
その鹿のお肉がダメなわけではない
ようです。

実際に、その個体は、毛並みのツヤも良く、
健康体
な感じでした。

かなり多くの個体が寄生虫を飼っている!?

先輩のプロ猟師さんに話を聞くと、

肝臓に寄生虫がいるのは、珍しいことじゃないそうです。

今回の、肝蛭という虫は、サイズがそこそこ大きいし、
ビックリしましたが、結構メジャーな寄生虫のようです。

 

肝蛭は、野生のクレソンやセリの生食からも感染することがあるそうです!

  1. 肝蛭を飼っている野生動物が糞をする
  2. その糞の中に、肝蛭の卵がある
  3. 卵入りの糞が、水際の野草を汚染する
  4. 野草を生で食べる
  5. 食べた人、動物が肝蛭に感染する

という流れだそうです。

クレソンとか、セリなどの野草は、

この早春の野草として、有名ではありますが、

野草は生では食べないようにした方が良いと思われます。

 

もっとも、野生動物のフンがかからないような場所の
野草は大丈夫だとは思いますが・・・

野草を食べる際は、しっかり加熱した上で、美味しくいただきましょう

 

ということで、今回は
ちょっとグロテスクな内容になってしまいましたが、
これも現実です。

実際に、僕たちの周りには、目に見えない
細菌やウイルスなど、微生物がごまんといるわけで、
そういうものと常に触れ合いながら、共存しています。

知らぬが仏ということもありますね・・・(笑)

 

肉を処理する者としては、
知っておくべき内容なので、
衛生的に処理して、万が一のことが無いように
氣をつけていきたいと思います☆

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

-狩猟
-, ,

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.