狩猟

狩猟スタート!罠を仕掛けるのにどのくらい時間がかかる?

  1. HOME >
  2. 食の自給 >
  3. 狩猟 >

狩猟スタート!罠を仕掛けるのにどのくらい時間がかかる?

こんばんは。

自給自足シンガーソングライターの小濱達郎です。

昨日は、森のコンサートへ出演してきました!

歌う機会をいただけたこと
聞きに集まってくださったみなさまに、
心から感謝でした。

僕たちは、死なないために生きているわけではありません。

より良い人生を送るために生きているのです。

生きている「今」というひと時を、喜びに満ちたものへ。

命を炎を燃やしましょう!

ということで、僕たちの全身全霊の音楽をお届けしました!

ですが、
当日、日中は晴天だったのですが、朝は霧が深く、
ライブ開始時間の午前10時過ぎは、お日様も当たらず、
ものすごく寒かったのです・・・

あれこれと準備をしていたので、その通りにやろうと思ってしまい、
いくつか失敗をしてしまいました。
(寒すぎて手や足が震え、指の感覚が鈍くなってしまった)

その場の状況に応じて、臨機応変に動いていくことの重要性を
改めて思い知りました。

 

今日は、一夜明けて、疲れも残っていたものの、
僕にとっての狩猟スタートの日になりました。

今朝の6時の朝焼け

さて、

罠を仕掛けるのにどのくらい時間がかかるのでしょうか?

熟練度の違いによって、その時間は大きく異なりますが、

一つの罠を仕掛けるのに、最速でも30分くらいはかかると思われます。

この時間には、

  1. 罠を仕掛けるのに最適な場所を探す作業
  2. 穴を掘ったり、ワイヤーを木にくくり付けたり、
    実際に罠を仕掛ける作業
  3. 動物にバレにくくするために、土や葉っぱなどを使って、罠を隠す作業
  4. 目印、標札をつける作業

が含まれています。

突如現れたイノシシの掘り返した跡

最も時間がかかるのが、上記 1 の罠を仕掛ける場所探しです。

僕は3回目の猟期ということで、これまでに仕掛けた場所を
知っているので、およその検討をつけて場所を探しますが、
それでも、
罠をしかける様々な条件が一致する場所を絞るのは難しいです。

ここはよく動物の通る場所だと思っても、
その近くにワイヤーをくくる適当な木がなかったり。

いざ、穴を掘ってみたら、
太い木の根っこがあって、
掘るのが困難だったり。

ですが、

この場所が何といっても重要なので、
何本もある獣道の中から、
ここぞという場所を選ぶ必要があります。

実際に、穴を掘りだしてからは15分もあれば、罠の設置は完了できます。

穴が掘りやすいか掘りにくいか。

また、罠を設置した後に、動物に見つかりにくくするための
カモフラージュがしやすい場所かどうか。

などで、設置の時間も変わってきます。

こんな場所に仕掛けました

 

今日は、

午前中に2時間半、午後に1時間半ほど、
罠の設置に時間を掛けましたが、

設置できた罠は5つでした。

 

道具を置き忘れて取りにかえったり、
罠そのものに不備があって、取り替えたり、
歩き回ったけど、良い場所がなかったり。

 

僕の先輩の達人罠猟師さんの場合

知らない土地に罠を仕掛けるときは、

  1. まず山を歩き回って、
  2. 地形を確認して、
  3. その後、罠を仕掛けていく

のですが、

半日以上かけて、5~7個仕掛けるといった具合でした。

 

明日からは、罠の見回り、追加の罠仕掛けです。

罠を仕掛けると、なるべく毎朝見回りにいった方がよいのです。

ということで、明日からは早起きの生活スタイルにします。

 

以上、

狩猟スタート!罠を仕掛けるのにどのくらい時間がかかる?

でした。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

-狩猟
-,

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.