手作り料理

【鳥取のおばあちゃん秘伝】超おいしい!!ちまき作りのコツ

  1. HOME >
  2. 食の自給 >
  3. 手作り料理 >

【鳥取のおばあちゃん秘伝】超おいしい!!ちまき作りのコツ

こんばんは。

自給自足シンガーソングライターの小濱達郎です。

今年も、ちまきを作りました。

昨年作った時の記事はこちらです。

お米を製粉して、笹を採ってきて、ちまきを作りました。その1

こんばんは。 小濱達郎(こはまたつろう)です。 6月の半ばになると、ちまきを作りたくなるのです。 中華風のちまきではなくて、 お団子を笹でくるんだちまきです。 ...

続きを見る

お米を製粉して、笹を採ってきて、ちまきを作りました。その2

こんばんは。 小濱達郎(こはまたつろう)です。 前回、ちまきを作るにあたって、 材料の入手方法についての記事を書きました。 今回は、実際に、ちまきを作っていきま ...

続きを見る

今年は、約200個ちまきを作りました。

その中で、色々と小さい失敗を経験したので、
今後の大成功を目指して、その経験を記しておこうと思います。

超おいしい!!ちまき作りのコツ

こんな形のちまきです

 

今回、感じたコツです。

  1. 米粉と餅粉の比率は、半々くらいが好き
  2. 砂糖の量は、粉全体の一割くらいが好き
  3. 粉は水分少な目でまとめるのが好き
  4. 精米したての米ぬかを入れるのは悪くない
  5. 一度に混ぜる粉の量は1500グラムくらいまでがちょうどよい
  6. 中に包む団子は50グラム以下がおすすめ
  7. 笹の葉っぱは洗った後、水気をある程度きってから使う
  8. 笹の新芽は洗う必要なし(水気をふき取るのが面倒)
  9. 蒸すときは、強火でしっかり蒸す
  10. 蒸し終わった後は、広げて冷ますとよい
  11. しっかり冷ましてから食べると最高に美味しい!

実は結構失敗しました・・・

  • 砂糖が少なすぎると甘さが物足りない
  • 粉に入れる水の量が多い、または、笹が濡れすぎていると、
    食べる時に笹が綺麗にとれない
  • 蒸すときに火加減が弱く、時間が短いと、中が粉っぽいまま
  • 蒸したあと、広げず重ねておくと、笹の色も褪せやすいし、冷めにくい
  • 団子が60グラムほど大きくなると、うまく中まで蒸しにくい

今回の一番の失敗は、

食べる時に、笹の葉がきれいに取れないこと!

これは、結構食べにくい!

団子の水分が多いと、べちゃつきやすいように感じました。

ですので、笹の葉の水分も軽く拭いた方が良いようです。

巾着型のちまき

笹の葉っぱをむいたら

 

ちまき200個、ペロリでした・・・(笑)

うちは6人家族だということもありますが、

ちまきは、美味し過ぎて、止まりません

僕が子どもの頃、鳥取のおばあちゃんが毎年
送ってくれていた、ちまき。

おばあちゃんは、亡くなってしまったけど、
思い出は、いつまでも消えません。

おばあちゃん、ありがとう。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

↓にほんブログ村に参加しています。バナーをクリックしてくださると、励みになります☆
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

-手作り料理
-,

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.