山菜・野草 手作り料理 食の自給

お米を製粉して、熊笹を採ってきて、ちまきを作りました。その1

こんばんは。

小濱達郎(こはまたつろう)です。

6月の半ばになると、ちまきを作りたくなるのです。

中華風のちまきではなくて、
お団子を笹でくるんだちまきです。

僕には鳥取のおばあちゃんがいるのですが、
僕が子どもの頃、毎年ちょうどこの時期になると、
ちまきをたくさん送ってくれていました。

それが、美味しいのなんの

今はもう、おばあちゃんからちまきを
送ってもらうことは、なくなりましたが、
数年前、父親が鳥取から熊笹を採ってきて、
ちまきを作っていて、その時、
作り方を教えてもらいました。

ですので、
今から紹介するちまきの作り方(笹の包みかた)は、
鳥取の東伯郡琴浦町(東伯町)のおばあちゃん家流です。

 

今回は、自ら育てた無農薬、天日干しのお米を製粉するところから!

ちまきの中身は、いわゆるお団子なので、
今までは、市販の団子粉や、道の駅などで、米粉や餅粉を買ってきて、
それらをブレンドしたりして作っていました。

今年は、去年初めて収穫できた自分で育てたお米を使うことにしました。

除草剤など農薬を使わず、手で草を取り、手で刈り取って、天日干し。
その後も、足踏み脱穀機を使って、人力で脱穀した、思い入れの深いお米です。

お米を粉にするには・・・

石臼とか、製粉機とか、粉にするための道具が必要ですね。

実は、家には、小さな電動の石臼があるのですが、
お米はとても固くて、なかなかうまく粉になってくれません。
そして、半端なく時間がかかります。

そこで、南丹市の八木町(わが町!)にある、
朝日製粉所というところに、持ち込みのお米を
米粉にしてもらえるのかどうか、問い合わせてみました。

すると・・・

「ダイジョウブですよ。」

とのことでした!

ただし、30キロ以上の量の持ち込みに限るということでした。

小米もまとめて製粉してもらえました!

自家製のお米は、
もみすり機でもみすりをしたのですが、
その際に、お米の選別機にもかけているので、
一定以上の大きさ以下の、小さいお米は、
別途選り分けられます。

その小米が、結構たくさん出るのです。
育て方の良し悪しにもよるとは思いますが、
今回、約22キロの小米がありました。

食べる用のお米を約10キロ足して、
合計30キロ強を持ち込んで、製粉してもらいました。
納期は一週間でした。

自家製無農薬米の米粉が24.2キロ手に入りました!

業務用の米粉の袋!

梅雨の時期に差し掛かり、
少々、虫(コクゾウムシ)が沸いていたのと、
小米であったこともあり、精米、製粉する過程で
量は減ってしまいましたが、
真っ白な粒度の細かい米粉に仕上がっていました

真っ白なさらさらの米粉!

自家製米粉100%でのちまき作り

今回は、この米粉100%でちまきを作ることにしました。

ちまき 約100個分 (1個当たり50~55グラム)

米粉3キロ 砂糖 160グラム 塩 10グラム
お湯 少しずつ入れて捏ねながら(2リットルくらい、適当)

もう少したくさん砂糖を入れても良かったかなという感じでした。

今回、米粉100%だったので、
冷めるとすぐに固くなってしまいました。

砂糖を多く入れた方が、団子の柔らかさは長持ちするはずです。

また、
水分も少な目にしてしまったので、もう少し入れても良かったかな。

 

ちまきを作るにあたって、もっとも重要な準備があります!

それは・・・

熊笹を採ってくることです!

地域によっては、捨てるほど群生しているところが
あるようですが、
うちの近所では、熊笹を探し出すのに一苦労です。

そこらにいる鹿にも食べられてしまいますし、
数が減っているようです・・・

熊笹の生えている場所

とはいえ、熊笹の生えている場所は
まだあります。

許可を取ってから、採りましょう。

 

採ってきた熊笹はこんな感じです。

熊笹

芯の部分と、大きくてきれいな葉を選んで、切りとってきます

 

採ってきた熊笹を、葉っぱの部分と、
芯の部分、棒の部分に分けます。

芯の部分は、引っ張ると、スポッと抜けます。

葉っぱは、はさみで切り取ります。

棒の部分は、太くて固いところを
15センチほどの長さに切りそろえます。

子どもたちに手伝ってもらいました

一人でやると、結構疲れますが、
子どもたちと一緒にやると、
楽しい作業です。

根気よく、最後まで手伝ってくれました。

水洗いしつつ、大きさで選別します

ある程度の大きさの葉っぱじゃないと、
包みにくいので、小さい葉っぱは、
選り分けて陰干しして、笹のお茶にします。

笹

手前が、熊笹の芯の部分。
奥は棒の部分。

あと、忘れちゃいけないのが、
結ぶための紐となる材料です。

シュロの葉です

シュロの葉っぱを割いて、
ひも状にして使います。

京都風のちまきの包み方では、
イグサを使います。

長いイグサ

水のたまるような場所で、
あえてイグサだけ草刈りせずに
置いておくと、結構大きく成長します。

 

さて、これで、材料は整いました。

次回は、ちまきを笹の葉で包んで
いきたいと思います!

お米を製粉して、熊笹を採ってきて、ちまきを作りました。その2

こんばんは。 小濱達郎(こはまたつろう)です。 前回、ちまきを作るにあたって、 材料の入手方法についての記事を書きました。 今回は、実際に、ちまきを作っていきます! 粉に砂糖、塩を入れて、熱湯を入れ、 ...

続きを見る

注目の記事

1

こんにちは。 こはまたつろうです。 今日は、朝から雨。 自給自足、循環型の暮らしを実践している、こはま家。 一家6人、今のところコンポストトイレのみで暮らしています。 何故、コンポストトイレなのか? ...

2

こんばんは。 こはまたつろうです。 最近は、何かと忙しく、 記事を書く時間がなかなか確保できません。 新型肺炎コロナウイルスの影響もあり、 小学生の子どもは家にいますしね。 さて、今日は、薪ストーブに ...

3

こんにちは。 こはまたつろうです。 3月15日で、猟期が終了しました。 まず、猟を初めて、2年目の猟期を 怪我無く、無事に終えることが出来たことに ホッとしています。  4か月の猟期で捕獲、捕殺した野 ...

4

こんにちは。 こはまたつろうです。 もう4月も終わろうとしています。 田舎暮らしでは、ウイルス騒動の影響は 都会に比べると少ないと思います。 季節は移り替わっていき、 桜の花びらが風に乗って舞っていま ...

-山菜・野草, 手作り料理, 食の自給
-, , ,

Copyright© 自給自足&田舎暮らしを実践しているシンガーソングライター小濱達郎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.