コラム 狩猟

また鹿がかかった!今期4頭目。複雑な心境です。

  1. HOME >
  2. コラム >

また鹿がかかった!今期4頭目。複雑な心境です。

こんばんは!

自給自足シンガーソングライターの小濱達郎です。

あっという間に、一日が過ぎていきます。

SNSを使っていますが、コメント上での
議論というか、意見交換も、時にしんどくなってしまいます。

SNSは、依存性があるので、意識して
使用を控えようと思いました。

さて、

今朝は、罠の見回りにいきました。

また鹿がかかった!今期4頭目。

前回、鹿がかかったのが、二日前です。

今回の場所は、期待薄かなと思っていたとろこでした。

山すその獣道というわけではなくて、
村の田んぼに出入りする道の途中という感じでした。

イノシシの痕跡があったので、
イノシシを期待していましたが、鹿がかかりました。

今回の教訓

  1. どんな場所でいつ獲物がかかるかは、わからないもの
  2. 電気ヤリを使用してみたが、こん棒より簡単
  3. 止め刺し放血の場所は、またしても失敗
  4. 大きい獲物は、ソリで運搬するにしても、上り坂は相当きつい
  5. 直腸結紮は、ナイフをあまり使わず、指で引っ張りだした方がよい
  6. 尿が溜まっている膀胱はとても大きい
  7. 冷蔵庫には、鹿2頭分くらいが限界
  8. 見回り~止め刺し~枝肉へ解体~片づけ までの所要時間は3時間半
  9. そのうち、止め刺し~内臓を摘出するまでは、約1時間かかりました。

複雑な心境とは?

たくさん獲れた方がよいのですが、
生きている動物を殺生するのは、
やはりしんどいです。

それでも、
また新たに罠を仕掛けるのです。

 

今日のひとこと

上達するためには、罠はたくさん仕掛けるべきです

罠を設置してみて、たとえ獲物がかからなくても、
それはそれで経験になります。

こんな場所では、
こんなやり方では、
獲物はかからないんだということが
わかります。

空はじきも然り。

どれも失敗に違いないのですが、
その失敗を次に活かす意識があれば、
自分の糧となります。

本氣で取り組むことに、
無駄なことな何もないということですね☆

以上、

また鹿がかかった!今期4頭目。複雑な心境です。

でした。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

-コラム, 狩猟
-,

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.