お金のこと 狩猟

京都府の鹿捕獲報奨金、満額もらえることになりそうです!

  1. HOME >
  2. コラム >
  3. お金のこと >

京都府の鹿捕獲報奨金、満額もらえることになりそうです!

こんにちは。

自給自足こはまファミリーのこはまたつろうです。

ブログランキングに参加しています。
皆様の応援クリックがブログを書く大きな原動力となります。
どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング

京都府の鹿捕獲報奨金、満額もらえることになりそうです!

今期で、狩猟を始めて4年目になる僕ですが、

11月15日の狩猟解禁日から、1月20日までの間の

約2カ月強の期間で、

鹿22頭 猪1頭 獲ることができました

 

京都府は、有害鳥獣駆除の隊員ではくても、

猟期の間、鹿の捕獲強化事業ということで、

報奨金制度があります。

 

報奨金が出るのは、20頭までで、

1~3頭分は、お金がでません。

4~20頭目までの17頭の分が、

報奨金の対象になります。

 

一頭当たり、

メスは5000円でオスは3000円です。

 

僕は、鹿を22頭捕獲したうち、

オスが5頭、メスが17頭でしたので、

メス17頭×5000円=85000円 の報奨金がでることになります。

 

この金額が、一人でもらえる最大の金額です。

 

ちなみに、お隣の兵庫県では、

報奨金の制度が京都府とは違っていて、

頭数無制限、オスメス関係なし、一頭当たり7000円?8000円?だそうです。

 

また、大阪府では、

鹿の報奨金制度なんてものは、ありません

 

都道府県、自治体によって、
この辺りの部分は大きく異なるようです。

 

 

僕自身、今年は、完全に単独で狩猟をしているのですが、

それなりの数が獲れるようになって、素直に嬉しいです。

 

約2カ月で、報奨金が満額に達成したので、その後は、狩猟はお休みしていました。

 

ただ、3月の頭にかけて、獲る必要がでてきたため、
ここ数日、わなを仕掛けに動いています。

(田んぼに植えた小麦が鹿に食べられていたこともある・・・)

 

報奨金の申請には証拠写真などが必要です

これは、京都府内でも、市町村によって多少違うようですが、

大まかな以下の点は共通です。

  1. 獲った鹿の頭部の拡大写真(日付と共に)
  2. 獲った鹿の全体と狩猟者が一緒に写っている写真(日付と共に)
  3. 獲った鹿のしっぽ
  4. 狩猟者登録書の裏側の狩猟記録のコピー

記念写真を撮らなければなりません。。。

尻尾です

 

報奨金をもらえるのはありがたいのですが、

ちゃんと申請するためには、それなりに準備が必要です。

 

本来、止め刺しをした鹿は、一刻も早く
内臓を出したいところなのですが、
証拠写真を撮影しなければならないため、
ちょっと時間をロスしてしまいます。

まあ、2~3分くらいで、肉質に大きな影響はないでしょうけど、
焦ってしまう原因になってはいけません。

名前などを書いた看板や、撮影用の三脚などは
すぐに使えるように、あらかじめ
用意しておく方がよいです。

 

うちの地域はメスの鹿が多いと思われます

22頭のうち、17頭がメス、5頭がオスでした。

たまたまメスが罠にかかりやすかったのかもしれませんが、

報奨金の関係では、好都合でした。

オスは、5頭までしかお金がでないのです。
(1~3頭目はそもそもお金が出ない)

つまり、20頭全てオスを捕獲した場合、
報奨金は6000円
しかでません。

 

メスは、年末から春にかけて、
妊娠していることが多く、
鹿の頭数を減らすという目的があるので、
メスを獲って欲しいということなのだと
思われます。

初めて、妊娠しているメスの鹿を獲ったとき、ショックでした

猟師をやっている以上、

獲った動物の命を奪うことに、

ためらいはありませんが、

それでも、お腹の中に鹿の赤ちゃんがいるということを

目の当たりにしたときは、やはり罪悪感にかられました。

 

とはいえ、年末~春にかけての
メス鹿は、成獣であれば、ほぼ100%
妊娠しているので、
そういうものだと思って、やるしかありません。

 

本来は、

狩猟をやりたいと思っている時点で、

その覚悟が必要です。

 

とはいえ、

やってみないとわからないので、

自分が経験してみて、

どう感じるのか、

そして、その後どうするのか?

 

やっぱりかわいそうだから、

狩猟はやめるのか?

 

かわいそうだけど、狩猟は続けるのか?

 

かわいそうだとは思わないのか。

 

まあ、人によって感じ方は色々だと思いますが、
肉を食べている時点で、本来は、
自分が直接手を下していないだけで、
間接的に動物の命を奪っているということを
わかっているべきだと思います。

 

人間という生き物は、

良くも悪くも、自分にとって都合のいいように

頭の中を書き換えることができるので、

本当に自分の身体が傷まなければ、

わからなかったり、わかった気になってるだけだったり。

 

生身の身体で、体験するということが、
とにかく大切だと思います。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

にほんブログ村に参加しています。バナーをクリックしてくださると、励みになります☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング

よろしくお願いします。

 

 

-お金のこと, 狩猟
-, ,

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.