狩猟

今季初めて!鹿が罠にかかった!~わな猟の実際~

  1. HOME >
  2. 食の自給 >
  3. 狩猟 >

今季初めて!鹿が罠にかかった!~わな猟の実際~

おはようございます。

自給自足シンガーソングライターの小濱達郎です。

今朝も、罠の見回りにいってきましたが、
今日はかかっていませんでした。

正直なところ、少しほっとしました。

というのも・・・ 昨日、

今季初めて!鹿が罠にかかった!

からです。 わなを仕掛けてから2日後のことでした。

  そこそこ角が長かったので、2~3歳くらいのオス鹿と思われます。

まだ見回りの途中でしたが、結構暴れていたので、
先に仕留めて解体することにしました。

鹿の止め刺し時に必要な道具

  • 放血用ナイフ
  • こん棒(状況によっては電気ヤリ)
  • 鼻くくり(保定道具)
  • 運搬用のソリ

方法は、

  1. 鼻くくり(保定道具)を使って、動きを封じる
  2. こん棒で気絶させる
  3. 放血用ナイフで止め刺し、放血
  4. 罠を外し、ソリに乗せて車まで運搬

という流れです。

鹿の場合は、電気ヤリ(電気ショック)は使っていません。

その理由は、

  • かさばる
  • バッテリー、インバーターとの接続が多少手間
  • 雨の時は使えない

です。 一番は、なるべく身軽でいたいということかもしれません。

保定道具さえあれば、動きを封じられるので、
こん棒で脳天を撃ち、気絶させることもそう難しくはありません。

イノシシの場合は、電気ヤリを使います。

その理由は、

  • こん棒は効かない・・・
  • トビ(長い棒の先に金属がついている道具)を持っていない

です。  

解体をどうするか?

僕の中では選択肢がいくつかあります。

  1. 自宅の庭で、吊るして解体する
  2. 軽トラの荷台で解体する
  3. 近くの川で解体する
  4. 知人に助けを呼ぶ

今回は、1を選びました。

解体にあたっては、以下の書籍が素晴らしく参考になります。

ジビエハンターガイドブック 著者:垣内忠正/林利栄子

解体する際、とても参考になります。

僕は、狩猟を始めるまで、解体を見たことすらありませんでした。

でも、この本と付録の動画で勉強して、なんとか一人でやりきれました。

わな猟を始めるにあたって必要なお金の話 その3 解体~精肉編

こんばんは。小濱達郎です。重たい獲物を運搬したりするので、腰が若干疲れ気味です・・・ 達郎でも、元気です! の続きです。 わなの免許を取得し、狩猟者登録し、わな ...

続きを見る

解体の手順は?

先ほど紹介した本の通り、

  1. 食道の結紮 ~ タンをとる
  2. 直腸の結紮 ~ 尻尾を切る
  3. 吊るして皮を剥ぐ
  4. 内臓を摘出
  5. 枝肉にわける

で、今回は行いました。

先輩の猟師さんに教わったやり方は、

  1. 川へ持っていき、
  2. 真っ先に内臓を摘出
  3. 川の水で、5時間~一晩、肉を冷やす
  4. 川から引き揚げ、吊るして皮を剥ぐ
  5. 枝肉にわける

です。 どちらで行うかは、悩ましいところですが、
すぐに枝肉にわける時間のある時は、
川へは持っていかず、自宅庭で解体しています。

肉をすぐに冷やさなくても大丈夫なのか?

一般的に猟師さんの間では、
すぐに川の水で肉を冷やした方が良いと 言われています。

確かに、止め刺しした後、 内臓を摘出せずに、
何時間も放置するのは よくないでしょう。

内臓はとても熱を持っているので、
肉が傷んでしまうと思われます。

ですが、止め刺し後、1~2時間以内くらいに 内臓を摘出し、
すぐに枝肉にわけるのであれば、
大丈夫なんじゃないかというのが、 僕の実感です。

実際、とても美味しく食べることが出来ています。

解体~枝肉へわけるまでにかかる時間は?

今回は、

  • 朝の8時過ぎ 発見~止め刺し
  • 8時半頃 自宅前にて解体開始
  • 10時頃 皮を剥ぐ~内臓を摘出完了
  • 10時半 枝肉に分け終わる 。

少し時間かかり過ぎですね・・・

今季初ということで、段取りが悪く、 手間取ってしまいました

 

後ろ足を左右に分けます

大きなもも肉

枝肉をペットシーツでくるんで冷蔵庫で寝かします

冷蔵庫がパンパンになります・・・

肉から多少、血が出るので、
それをペットシーツに 吸わせるとよいそうです。

毎日、少しお肉の位置を動かします。

その後、順次、精肉作業に移ります。

3日後以内には精肉した方がよいと思われます。

もも肉などは骨を抜く。 ロースは膜などを取り除く。

適当な塊に分けて、真空パックすることになります。

結構時間かかります・・・

猪肉、後ろ足の骨抜き~精肉の方法

猪の精肉に挑戦している方へ。
2回の猟期の間に獲ったシカやイノシシは、自分で解体し
精肉してきました。
猪の後ろ足の精肉方法を簡単にまとめました。

続きを見る

今日のひとこと

罠猟は、毎日の見回りに時間がかかります。

ですが、 ちゃんと近くまで行って罠の様子を確認して、
足跡などから微調整をすることなどの、
地味な作業の積み重ねが、結果に繋がります。

そして、 解体作業は、段取りが重要です。

使用する道具の管理、場所の整頓など、
事前に行っておくと、精神的にも余裕が生まれます。

焦らず、的確に行えるように。 経験を重ねていくことで、
見えてくることも多いと思います。

あとは、ケガしないように、氣を抜かないことですね!  

とびっきり美味しい天然の肉が食べ放題です。

以上、

今季初めて!鹿が罠にかかった!~わな猟の実際~

でした。 最後まで読んでくださってありがとうございました。

-狩猟
-, , ,

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.