DIY 水の自給

【山水の自給】水を自給できるって最高です!

  1. HOME >
  2. コラム >
  3. DIY >

【山水の自給】水を自給できるって最高です!

こんばんは。

自給自足シンガーソングライターの小濱達郎です。

いよいよ我が家も、

山水が自給出来るようになりましたー!!!

塩素消毒フリーの水です!

お風呂の水も、山水です!

薪で沸かした山水のお風呂は、本当に最高です。

まあ源泉かけ流しの温泉みたいなもんかな☆

温泉の成分は入ってないかもだけど・・・(汗)

 

山水を自給するにはどうすればいい?

山の中の集落では、かつては今のような上水道がなく、
山からの水や、井戸の水のみで普通に生活していました。

6~70年前は、それが普通のことでした。

ということは、
うちが住んでいるような古民家では、
山水を使っていた跡がある、もしくは現在も使えるのが
普通だったりします。

我が家の場合は、山水を使っていた跡(配管)は
残っていましたが、長らく空き家になっていたことも
あってか、山から引き込んでくるパイプがどこかで
詰まってしまっていて、使えない状態でした。

近所で山水を現在も使っているグループに入れてもらえたらラッキーです!

山水を家に引き込むといっても、
何軒か共同で利用している場合が
多いと思います。

そのグループにお願いして、
入れてもらえると一番よいと思います。

完全に一から自分で山水を引き込む工事をするのは、かなり大変です・・・

  1. 水源地を探す必要
  2. 水源地や配管する土地(山)の所有者の許可
  3. 配管の資材は決して安くない
  4. ある程度山奥から引き込むことを考えると、
    資材の数も必要だし、運搬も相当大変
  5. 地中にパイプを埋めるとなると、もう途方に暮れてしまいます

ここまで大変な労力・お金・時間をかけてまで、
山水を引き込むのはやめた方がいいです・・・

まあ、上のどれかが最初からクリアできていたら
話は別になってきますけどね。

 

共同の山水の設備はすごかった・・・!!!

暮らしの中で、水は欠かせないものなので、
本当に必要に迫られて、作ったんだろうなという感じです。

上水道が使える環境だったら、
ここまで凄い水道設備は作れなかったんじゃないかと思います。

水源地から、中継タンク3つを経て、最終の貯水タンクへ。

配管の全長1キロ以上は軽くありました。

最終の貯水タンクは水が10トン以上は
軽く入るだろうという大きさのコンクリート製の建造物です。

 

60年前に、共同で工事をして水道工事を
されたそうですが、
相当な資金と労力と時間を費やしたことは、
想像に難くありません。

 

ありがたいことに、
うちは、その初期投資をしていないのにもかかわらず、
グループに入れてもらうことができました。

本当にありがたいです。

 

山水の設備を維持していくために、
僕も尽力していきたいと思っています。

 

今後の目標

  • 台所の流しに山水の蛇口を配管したい
  • 流しまわりを少しリフォーム
  • 水質検査

山水は、すでに清らかではあるのですが、
大雨の後など、濁ることもあるそうなので、
緩速ろ過装置を組んで、山水を自然ろ過しています。

お風呂や、台所の蛇口からは、
そのろ過した水が出るようにしたいと思います。

 

緩速ろ過装置の詳しい解説も、またの機会に!

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

↓にほんブログ村に参加しています。バナーをクリックしてくださると、励みになります☆
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
 

-DIY, 水の自給
-,

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.