DIY 田んぼ

40年以上前の古いトラクターは使えるのか? その5

  1. HOME >
  2. コラム >
  3. DIY >

40年以上前の古いトラクターは使えるのか? その5

こんばんは。

自給自足シンガーソングライターの小濱達郎です。

今日は、快晴でした!

午後から、復活させた40年前のトラクター
田んぼに入ってみました!

40年以上前の古いトラクターは使えるのか? その5

前回は、畑の耕起にチャレンジして、
無事に成功したのでした。

40年以上前の古いトラクターは使えるのか? その4

車庫に眠っていた40年以上前の古いトラクター。
一念発起して、修理しました!
そして、なんとか使えるようになりました!
ありがたやー!

続きを見る

ですが、僕の管理している田んぼは、
所々深いところがあって、古くて馬力の低い
トラクターでの耕起作業、代掻き作業が出来るのか、
とても心配なのです・・・

周りの人に聞いてみても、
田んぼは厳しいんじゃない?
との声ばかりです・・・

とはいえ、やってみないと
氣がすまない性格なので、
えいや!と思い切って田んぼへ
入ってみました。

トラクターからの風景

古いトラクターで田んぼの作業はできたのか?

結論から言うと、

なんとかハマることなく、代掻き作業ができました。

冬季湛水した田んぼで代掻き

これで、トラクターを借りることなく、
お米作りができそう
です!

やったね☆

借りるとなると、色々と氣をつかいますが
自分専用のものだと、時間に追われず自由に練習できます(笑)

あ、本番をしながら練習という感じです(笑)

 

ただし、

古いトラクターは、問題が多かったです・・・

  1. 馬力が小さいため、ロータリーの幅が135センチと狭い
  2. 倍速ターンなどの機能がないし、パワーステアリングもないため、
    小回りが利かない
  3. 均平版が古いタイプのもので、扱いが難しかった
  4. 自動耕深制御装置がついていない(尾輪はあるが)
  5. 水平制御のモンローが壊れている・・・

1.ロータリーの幅が狭い

以前借りていたトラクターは、
ロータリーの幅が170センチほどあったのですが、
今回のロータリーの幅は135センチ。

単純に、往復する回数が増える=時間がかかります。

2.小回りが利かない・・・

新しいトラクターは小回りがしやすいような機構がついています。
今回の古いトラクターは、そんな機能がないので、
小回りが利きません・・・

3.均平版が古いタイプのものです。

使い方をちゃんと理解すれば
うまく使えるはずです!

 

4.オート機能はないが、尾輪はある!

深く耕し過ぎないように、尾輪があるのですが、
いかんせん田んぼに水を張った状態では、どのくらい
ロータリーの刃が土に入っているかわかりにくい・・・

平らにするのは、難しい~~~~!!!

5.水平制御の機能が壊れている(涙)

トラクターが左右に傾いたときに、
ロータリーは水平を保つようにする
水平制御の機能が、トラクターにつくようになった頃の
古いトラクターですが、その機能が
壊れてしまっています・・・

平らにするのは、さらに難しい~~~!!!

 

結局、1反ちょっとの田んぼで、2時間くらい
かかってしまって、
なんか車酔いしてしまいました・・・

ということで、
問題は色々ありますが、
まあ、とりあえず、
田んぼでも使えることは
わかりました!

なんでもかんでも使い捨てではなく、
なんとか大事に使っていきたいと思います☆

 

以上、

最後まで読んでくださってありがとうございました。

↓にほんブログ村に参加しています。バナーをクリックしてくださると、励みになります☆
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

-DIY, 田んぼ
-, ,

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.