DIY 薪ストーブ

【格安!】改造薪ストーブで冬でもポカポカ!ついでに調理もできます。

  1. HOME >
  2. コラム >
  3. DIY >

【格安!】改造薪ストーブで冬でもポカポカ!ついでに調理もできます。

こんばんは。

自給自足シンガーソングライターの小濱達郎です。

本格的に寒くなってきまして、

我が家では薪ストーブを設置して、

暖をとっています。

薪ストーブの暖かさというのは、
ファンヒーターやエアコンの暖かさとは
別物です。

薪ストーブから発せられる遠赤外線が
身体を直接温めてくれるのです。

「暖かさは豊かさです」

炎は癒し

我が家では、

【格安】改造薪ストーブで懐も(笑)ポカポカです☆

薪ストーブは、本当に素晴らしいことはわかっていても、
それを自宅に設置するかどうかとなると、話は別です。

なにせ、一般的に薪ストーブはかなり高価です!

 

うちは、薪ストーブ自体は約12000円

煙突代は約6万円

遮熱用の部品などで15000円ほど

合計、87000円くらいで 設置することができました。

格安で快適な薪ストーブを導入するには?

今年の冬は暖かいですね。とはいえ、暖房は必須です。とくに我が家は築120年以上の古民家で、さらに山の上にあるので、冬は特に寒いのです。しかしながら、薪ストーブを ...

続きを見る

この金額を見ると、
ファンヒーターと比べたら随分高いと思います。

石油ファンヒーターなんかは、1~2万円くらいあれば、
新品が買えますよね。

 

しかーし

 

一般的に、薪ストーブは、導入するにあたって100万円くらい!
かかると言われています。

ですので、10万円以内で
薪ストーブを導入できるのは格安と
言えるのです。

 

実はさらに、燃料である
薪も、購入するとかなり高価なものです。

最近は、灯油も値上がりしてきましたが、
それでも、薪の方が遥かに高いです。

知人の薪ストーブユーザーの話では、
一冬の薪の代金は10万円を軽く超えるそうです。
(それでも、割ってある乾燥した薪を購入している
わけではなく、丸太のままの原木を購入しています)

つまり、チェーンソーを使って、玉切りにして、
その後、薪割りをして、乾燥もさせなければなりません。

 

僕は、自分で山へ行って
薪を調達しているので、(許可をもらったうえで)
燃料である薪自体は購入していません。

つまり、
燃料費は無料です!

お金をかけない薪集め!第一歩

こんばんは。 こはまたつろうです。 最近は、何かと忙しく、 記事を書く時間がなかなか確保できません。 新型肺炎コロナウイルスの影響もあり、 小学生の子どもは家に ...

続きを見る

さらには!

 

薪ストーブで調理ができるので、
火をつけている冬場は、
一日3食、薪ストーブで調理をすることができます。

その分、調理のためのガスの節約にもなりますね☆

 

薪ストーブに何をもとめるか?

結局のところ、これに尽きます。

僕自身は、

薪というその地域でとれるエネルギーを使って、
エネルギーの自給がしたかった。

ということが大きいです。

エネルギーの自給のために、
初期投資で100万円を費やすというのは、
ちょっと違うような感じがしたので、
初期投資はなるべく抑えたかったのです。

 

漆黒に輝く重厚感のある薪ストーブの炎を眺めながら、
暖かく優雅なひと時を過ごしたいという場合は、

採算度外視で、いわゆる大人の趣味の一環として
その機能美を追求したらいいと思うのです。

 

うちの場合、
古民家に住んでいることもあって、
冬は寒いので、何よりも暖かさが重要です。

 

そして、移住した最初の頃は、
このまま住み続けることが出来るかということも
分からない状況だったし、
安い薪ストーブで始めるので良かったと思っています。

 

薪ストーブは、煙突が最重要です!

つまり、

いくら性能の高い高級薪ストーブだとしても、
煙突がダメだと、その性能は発揮できません

また、

安い薪ストーブでも、煙突さえ
しっかりしていたら、十分に暖かいし、
煙などの問題もありません。

このことは当然、
薪ストーブの業者であれば
理解しているので、
煙突だけで数十万円かかってしまうのです。

良い煙突の条件としては

  1. 縦に長いこと
  2. 横引きはなるべく短いこと
  3. 煙突の口径が大きいこと(150ミリ以上)
  4. 二重煙突であること(屋外部分は特に)

以上が挙げられると思います。

既製品の二重煙突はどうしても高価になってしまいます。

二重煙突をDIYで安く作ることもできます。(過去記事参照)

格安で快適な薪ストーブを導入するには?

今年の冬は暖かいですね。とはいえ、暖房は必須です。とくに我が家は築120年以上の古民家で、さらに山の上にあるので、冬は特に寒いのです。しかしながら、薪ストーブを ...

続きを見る

まっすぐな部分は、材料さえあれば
非常に簡単ですが、
曲がりの部分は難しいです。

 

 

古民家に移住して、薪ストーブをDIYで設置しようと考えている人へ

薪ストーブ自体は、うちが使っているような

数万円のものでも十分だと思いますが、

安い薪ストーブは、煙突の口径が106ミリや120ミリなど、

小さい場合が多いのです。

煙突は太いものを選びましょう!

特に106ミリの口径のシングル煙突では、
しょっちゅう煙突が煤で詰まってしまい、
煙突掃除を1シーズンで何回もする羽目
なります。

僕自身、経験がありますが、
2~3週間で煙突が詰まってしまい、
そのたびに、煤まみれになりながら
煙突掃除をしなくてはなりません・・・

また、細い煙突では、太い煙突に比べると
炎の引きも弱く、
着火する際もうまく燃えてくれず、
なかなか火がつかないということにも
なりやすいです。

煙突には、異形アダプタというものがあります。

口径106ミリのものを150ミリへと
変換するための煙突部材が売っています。

そういうものを利用して、
太い煙突を利用するのを断然おすすめします。

もちろん、細い煙突に比べると
値段も高くなるのですが、
そこをケチると、薪ストーブを
使うのが億劫になってしまう
かもしれません。

 

 

高価な薪ストーブの煙突は、ほぼ間違いなく150ミリ以上です。

ですので、

将来的に高性能な薪ストーブを手に入れたときでも、
煙突をやり替えなくて済みますよ☆

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

↓にほんブログ村に参加しています。バナーをクリックしてくださると、励みになります☆
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

 

 

-DIY, 薪ストーブ
-, ,

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.