狩猟 食の自給

今日は鹿が二頭かかっていました。

こんばんは。
小濱達郎です。
午前一時過ぎました。

鹿が二頭、罠にかかっている時、どうしたらいいのか?

今日は、朝9時半ころから
罠の見回りに行きました。

最初のポイントで鹿が一頭。

生け捕りにしました。

生け捕りにする時、重要なことがあります。

ロープで足をくくるわけですが、
焦らず、丁寧にしっかりと堅結びなり、
ほどけないようにすること!

くくり罠 鹿

後ろ足のケリの威力はすさまじいです。
うかつに顔を近づけて、蹴られたら
大変なことになります。

すごい力なので、ロープでしばっていても、
結び方が甘いと、ほどけます。
焦らずに、丁寧にしっかりと結ぶことが大事だと
わかりました。

生け捕りにする際には、
後ろ足のケリには十分注意しましょう。

ソリに乗せて、車の場所まで
運ぶわけですが、これが大変でした。

汗びっしょりかきました。

鹿 生け捕り 軽トラ

生け捕りの際に、必要な道具

  • ロープ(ある程度太くてしっかりしたもの、あとで切るので、使い捨てになります)
  • 保定道具(なくても可能ですが、あったほうが、安心。角の長いオス鹿の時には必須)
  • 運搬用のソリのようなもの
  • 軽トラに乗せるための、板(ソリを板の上に滑らせると、一人でも軽トラに乗せられました)
  • のこぎり、ナイフなど (罠のワイヤーが木に食い込んでいることもある)
  • ペンチのようなもの(罠のシャックルが手では外せない時のために)
  • 目隠し用に、幅の広いガムテープ

その後、見回りを続けていたら、
最後に見に行ったところで、また鹿がかかっていました。

まじで?!

となりましたが、
小さめのメス鹿だったので、
保定道具なしで、なんとか生け捕りに出来ました。

でも、こちらは、
時間がたっていたのか、
傷があり、痛がっていて、
かわいそうでした。

見回りを一日あけたのが、やはり
良くなかったようです。

毎日、見回りにいくべきですね。

鹿 二頭目 雌

どちらも生け捕りにして、
軽トラの荷台に何とか積めました。

その後、家に帰り、メス鹿を止め刺し、解体。
精肉。

休憩しながらですが、
結局、こんな時間(深夜1時)に
なってしまいました。

  • 見回り~生け捕り 2時間
  • 止め刺し~解体~枝肉 2時間半
  • 枝肉~精肉~真空パック 2時間半
  • 刃物研ぎ 10分

費やした時間は、だいたい、こんな感じです。

現在、先輩の罠も含めて、
17基、罠が仕掛けてあります。

明日も、見回りです。

解体~精肉は時間がかかります。
狩猟との両立はなかなかに難しいので、
解体をして鹿肉が欲しい人なんかと、
お互いによい関係を作っていけたらと
思います。

-狩猟, 食の自給

Copyright© 自給自足シンガーソングライターの田舎暮らし実践記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.