暮らしの日記 狩猟 食の自給

2年目の猟期を終えての感想と、その成果について。

こんにちは。
こはまたつろうです。

3月15日で、猟期が終了しました。

まず、猟を初めて、2年目の猟期を
怪我無く、無事に終えることが出来たこと
ホッとしています。

 4か月の猟期で捕獲、捕殺した野生動物

  • 二ホンジカ 10頭(オス5、メス5)
    (先輩の罠に5、僕の罠に4、田んぼの網にからまっていた鹿1)
  • イノシシ 2頭(オス1、メス1)
  • アナグマ 1匹(メス1)
  • イタチ 2匹(オス1、メス1、どちらも遠くの山に逃がしました)
  • アライグマ 2匹(オス1、メス1)

以上です。

もう少し、獲れたかなという気持ちはありますが、
猟期の前半は、子守をしながらで、ほとんど動けない状態で、
本格的に罠を仕掛けたのは、1月中旬からだったことを
考えると、十分な結果だったと思っています。

 2年目の猟期で得られたこと

 凄腕の親切な先輩猟師さんに巡り合えたこと

罠の仕掛ける場所、仕掛け方、猪の解体のやり方、
猪を肉として売る場合のポイント、相場、など
罠猟にまつわる、本当に多くのことを教えてもらえたことは、
自分自身にとって、大きな財産となりました。

今回、罠の空はじきが多くて、
その多くが罠本体の問題や、
仕掛け方に問題があって、
そこの成功確率をあげていくことで、
より多くの獲物を得ることはできそうです。

せっかく、いい場所に仕掛けているのに、
罠に問題があって、捕らえられないのは、
やはり残念です。

 飛び切り美味しいメスのイノシシ肉を食べられたこと

1年目の時も、猪を捕ることができましたが、
その時は、大きく発情期に入っているオスのイノシシで、
獣の臭いがきつすぎて、食べにくかったのです。

美味しい猪肉と、臭い猪肉の違い

こんばんは。 こはまたつろうです。 午前一時を回ったところです。 子どもたちが夜の10時前に寝てから、 台所にたまったお皿やお鍋を洗って、 自家製酵母(楽健寺酵母)のパンを仕込み、 そのあと、猪肉の骨 ...

続きを見る

2年目の今季は、メスの若いイノシシで、
脂ものっていて、めちゃんこ美味しかったのです。

 イノシシを一頭まるごと、肉屋に卸すことができ、収入を得られたこと

12月の頭に、オスの55キロ級のイノシシを罠で捕らえ、
先輩猟師さんを通じて、猪肉を扱っている肉屋さんに卸すことができました。

もちろん、先輩猟師さんに手数料は取っていただきましたが、
僕の手元に、なんと! 5万5千円のお金が入ってきました。

 鹿、猪を解体する経験がたくさん出来たこと

1歳の子守りをしながらは、解体できないので、
前半は、知人に解体を依頼したりしましたが、
後半は、ほぼ自分で解体しました。

鹿7頭、猪1頭は、ほぼ一人で解体しました。

鹿に関しては、
色々なやり方を試しました。

ジビエハンターガイドブック
著者:垣内忠正/林利栄子

に書いてある内容に
忠実にやってみたり、

軽トラの上で、先に内臓を摘出してから、
剥皮してみたり。

川で内臓を摘出して、川の水に
つけて肉を冷やしてみたり。

時には、うっかり
内臓を傷つけてしまったり(あっちゃー)、
羊水らしき液体がこぼれたり、
直腸の処理がうまくできなかったり、
数々の失敗も経験しました。

衛生的に完璧に処理できるようになるには、
まだまだ経験不足です。

 精肉作業に慣れてきたこと

後ろ足の解体で、
シンタマ、内もも、外もも、ランプ、
などの部位をようやく
理解することができるようになりました。

猪肉、後ろ足の骨抜き~精肉

こんばんは。 こはまたつろうです。 いやはや、やはり今日も、 日をまたいでしまいました。 子どもたちが寝る前に、 ひと悶着あって、僕も怒ってしまい、 子どもも機嫌が悪く、後味の悪い夜に なってしまいま ...

続きを見る

しかしながら、精肉作業は、
とても時間がかかるので、
連日深夜までの作業が続き、
体力的に厳しいかったです。

 鹿の捕獲奨励金などを通じて、収入を得ることができたこと

またまたお金の話になってしまいますが、
鹿の捕獲奨励金で、2万8千円
そのほかで、約2万円 の収入を得られました。

本当にありがたいです。

猟師は仕事として成り立つのか?

こんばんは。小濱達郎です。子どもたちが4人とも、次々と胃腸炎になりましたが、無事に回復しました。大人は、何とか今のところセーフです!ほっ。 とはいえ、微妙な体調です・・・ いきなりですが、猟師は仕事と ...

続きを見る

 来季へ向けて、様々な課題が見つかったこと

狩猟は、得られるものも多いですが、
体力的、精神的、経済的な負担も相当あります。

来期以降、続けていくには、
それぞれにクリアしていくべき課題だと感じています。

 

これ先、忙しくなってしまう前に、
罠のメンテナンスや増産、
電気ショック、鼻くくりの作り方の公開などを
随時していきたいと思います。

とりあえず、冷凍ストッカーは、
お肉で一杯です。

お米は蓄えがあるし、肉もある。
畑では野菜を育てられる。

お金が使えなくなったとしても、
しばらくは生きていけます。

新型コロナウイルスのショックで、
世界的恐慌になるかもしれないと
言われています。

自給自足を実践していると、
いざというときにも、
生きていける安心感があります。

謙虚に、丁寧に。

一家族の暮らしから、世の中へと、
繋がっていると思っています。

世の中を変えていくには、
僕自身の暮らしが大切だという信念に
まっすぐに、生きていきたいと思います。

注目の記事

1

こんにちは。 こはまたつろうです。 今日は、朝から雨。 自給自足、循環型の暮らしを実践している、こはま家。 一家6人、今のところコンポストトイレのみで暮らしています。 何故、コンポストトイレなのか? ...

2

こんばんは。 こはまたつろうです。 最近は、何かと忙しく、 記事を書く時間がなかなか確保できません。 新型肺炎コロナウイルスの影響もあり、 小学生の子どもは家にいますしね。 さて、今日は、薪ストーブに ...

3

こんにちは。 こはまたつろうです。 3月15日で、猟期が終了しました。 まず、猟を初めて、2年目の猟期を 怪我無く、無事に終えることが出来たことに ホッとしています。  4か月の猟期で捕獲、捕殺した野 ...

4

こんにちは。 こはまたつろうです。 もう4月も終わろうとしています。 田舎暮らしでは、ウイルス騒動の影響は 都会に比べると少ないと思います。 季節は移り替わっていき、 桜の花びらが風に乗って舞っていま ...

-暮らしの日記, 狩猟, 食の自給
-,

Copyright© 自給自足&田舎暮らしを実践しているシンガーソングライター小濱達郎のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.