コラム 狩猟

鹿のもも肉、1頭で何キロ取れるのか?

  1. HOME >
  2. コラム >

鹿のもも肉、1頭で何キロ取れるのか?

こんばんは。

自給自足シンガーソングライターの小濱達郎です。

ようやく先日の鹿の精肉作業が終わりました。

鹿のもも肉、1頭で何キロ取れるのか?

先日捕らえた鹿ですが、割と大きなオス鹿でした。

鹿は、後ろ足から一番多くの肉がとれます。

大きなもも肉

当然、後ろ足は二本あります。

 

精肉するにあたって、

まず、骨をはずします。

骨に沿ってナイフをいれていって、
骨を外すのです。

最初は手探り状態なので、時間がかかりますが、
慣れてきたらだんだん手早くできるようになります。

 

骨をはずしたら、肉を部位にわけます。

僕自身、本を見ながらの状態で、
完璧に部位の名前が一致しているかどうか
怪しいですが、
何となくわかってきました。

もも肉(片方分)

 

一番左の細長いのが、シキンボ(ヒレもどき)

その右横のラグビーボールみたいなのが、シンタマ

その右横の大きな塊が内モモ

その下の大きな塊が外モモ

真ん中右寄りのごちゃっとしている部分が、
今一つよくわかりませんが、内ももの一部
ランプなのかなと思われます。

一番右端の青白い筋の多い塊は、スネとハバキです。

それぞれの重さは?

  • シンタマ・・・855グラム
  • 内モモ・・・725グラム
  • 外モモ・・・770グラム
  • スネ、ハバキ・・・635グラム
  • ランプなど・・・670グラム
  • シキンボ、内モモ一部・・・570グラム

でした。

合計・・・4225グラム

 

2本分だと、約8.5キログラム

ということになりますね。

 

その他、

タン、背ロースやヒレ肉、前足、アバラ肉、首肉、
心臓、肝 などがとれます。

今回の鹿一頭で、

12キロくらいでしょうか。

(罠にかかっていた前足はほぼ使えない)

首の周りやアバラ骨の周りなど、
丁寧にやれば、もっとたくさんとれるのですが、
時間がかかるため、そこは飛ばしています。

猪肉、後ろ足の骨抜き~精肉の方法

猪の精肉に挑戦している方へ。
2回の猟期の間に獲ったシカやイノシシは、自分で解体し
精肉してきました。
猪の後ろ足の精肉方法を簡単にまとめました。

続きを見る

 

今日のひとこと

猟をすることで奪った命。

出来ることなら、余すところなくいただきたいものです。

内臓だって、その氣になれば、そのほとんどを食べることが出来るそうです。

 

ですが、僕という人間は身勝手なものです。

面倒くさいから、大変だから、

わざわざそこまでやらなくてもいいかな・・・

なんて考えて、

自分にとって都合の良いところだけを取っています。

 

それでも、世の中の多くの鹿は、
害獣として、ただ殺されて肉として食べられもせず、
処分されているのが現状で、
それよりはマシかなというくらいのものです。

 

本当は、鹿の毛皮だって、
使えるし、捨てる部分なんてないはずなのです。

 

しかし、一頭をそうやって余すところなく、
一人で処理するには時間がかかり過ぎます

次々と、鹿や猪を獲っていかないと、
仕事にはなりません。

この辺りに、単独での狩猟の限界があるようにも
感じます。

少しずつでいいので、このあたりの問題を
解決していけるといいのかなと思います。

以上、

鹿のもも肉、1頭で何キロ取れるのか?

でした。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

-コラム, 狩猟
-, ,

Copyright© 田舎暮らし・自給自足マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.